オークション便利ツール


私は、オークションで出品するのにいろんなツールを使って、楽に行っています。

とても簡単で初心者でも大丈夫ですよ。


即売りくん
http://www.noncky.net/
出品の文章作成・運賃の計算から、取引メール作成までこなしてくれるスーパーツールです。
出品文章・運賃は一つの表にまとめられて、とっても見やすくなります。
初心者でも簡単に使えますよ。



MoneyLook
http://biz.yahoo.co.jp/accountmanager/moneylook/web/
銀行のサイトで口座を管理するのに、すべてのIDとパスワードを覚えておくのは大変なのですが、このツールを使えば、約80社の口座管理ページにひとつのIDとパスワードでアクセス可能です。
また、Yahoo!オークションでの入金確認や、Yahoo!メールでのメール管理などもできます。
たくさん出品するようになると、どれがどこまで取引したのかわからなくなってくるので重宝します。



リベンジ☆
http://sniper.system.to/revenge/
落札されずに終了してしまったものを簡単に再出品してくれるツールです。
もちろん設定を変えて出品することもできます。
たくさん出品するようになったら欠かせないツールです。



出品デフォルト☆
http://sniper.system.to/default/
出品の時に同じ情報を入力する手間を省いてくれるツールです。
たくさん出品する人は必須ツール。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

タイトルは重要!


オークションにおいて、かなり重要度の高いものは、”タイトル”です。オークションで物を売るには、”少しでもたくさんの”、”その商品を欲しいと思う人”を集めることが重要です。

そういう人たちが競ってくれれば値が上がるからです。


それを考慮すると、タイトルって結構頭を悩ませる部分ではないかな?と思いますので、ここでは、タイトルの付け方を説明します。参考までに読んでみてください。



タイトルの付け方にはいろんなパターンが考えられます。

例えば、ブルガリプールオムという香水のタイトルを考えた場合、



@●◆★*⌒*☆*ブルガリプールオム*★*⌒*☆◆●50ml
もうとにかく記号とか使いまくって目立たせています。
確かに目だっていいかも知れませんが、目立たせる目的はそもそもカテゴリから来た人や検索して来た人に対して、同じ商品が並ぶリストの中で目立たせたいのでしょうが、同じ商品が並んでいてその中から一つ選ぶ場合って、目立つタイトルの物より、値段が安い物とか終了時間が早い物じゃないですか?
だからこういうのははっきりいってあまり意味がないように思います。



A福○雅○愛用香水!『ブルガリプールオム』50ml
芸能人の名前出して、そのファン狙いです。
これは多少効果はあると思います。
福○雅○に憧れる人が同じ香水を探すって意味で検索ワードに入れる可能性はあります。



Bブルガリプールオム(BVLGARI POUR HOMME)50ml
英語での正式名称を入れて作成。
これは何を狙ったものかというと、通常の検索からのヒットです。
通常のYahoo!検索から来る場合、正式名称を入力する人もいるので、そういう人が見つけてくれればラッキー♪って感じです。
でも、今回の場合、ブルガリの商品を検索するのにわざわざ”BVLGARI”で検索する人って少ないと思います。
英語表記が一般的なブランドならともかく、英語表記するためにスペルをわざわざ確認しなければいけないような名前ならあまり意味は無いかと思います。



C【新品未使用】ブルガリプールオム50ml
どういう状態のものかわかりやすく。
内容量も表記。





とまあ、こんな感じでしょうか。


では、このうちどれが正解なんでしょうか?

私の中での正解はCです。

しかし、これはたまたま扱うものがブルガリの香水だったからであって、もしこれがブルガリのバッグであったら正解は変わってきますし、アナスイの香水でも変わってきます。


これはなぜなのか。

理由は、”タイトルはその商品が欲しいと思う人に合わせるべき”だからです。

タイトルだけではなく、出品説明も写真も何もかもそうなのですが、「その商品を欲しい人は誰なのか」をよく考えることがオークションの必勝法と言っても過言ではありません。


その商品を欲しい人は誰かを考える際にはかなり具体的にその人をイメージしましょう。単純に20歳代男性というだけでは全くイメージできていないに等しいです。

例えば21歳の大学生と28歳の中間管理職の社会人では全く嗜好が違います。つまり、どんな職業で、どんな家庭構成で、どんな服が好きで、どれくらいの給料をもらっている人で、この商品の使い道はこうで、などと思いつく限り全ての要素を考えてみることです。

そうしてこの商品を欲しい人のイメージを細かく絵に描けるくらいまで固めることができればOKです。あとは、その人に合わせたタイトルにすればいいわけです。


今回のブルガリプールオムの例でCを選択したのはそういう理由です。
では、このブルガリプールオムという香水はどういう人が使うのか考えてみます。


・この商品は基本男性向けです(女性にも人気があるようですが)
・ブルガリというブランドはやや老舗的なブランドなので、10代よりも20代以上の方が好みます(と勝手に想定しています)。
・香水はややエレガントな香りで、あっさりした嫌味の無いものなので、少し上品な感じの男性が好むと思われますので、服装のタイプはきれいめだと思います。
・きれいめな服装はA型に多そう(偏見でしょうか)なので、新品にこだわって選びそう。
・嫌味がなくあっさりめの香りなので、オンでもオフでも使えると思います。
・ブルガリの香水をオークションで欲しがるということは、高価な物を少しでも安く欲しがっているのではないかと思います。なぜなら買おうと思えばそこらの店で売っているものだからです。わざわざオークションで買うということは安さを求めている部分があります。そうすると、30mlタイプと50mlタイプのあるこの香水を選ぶ際に、どうせほとんど値段は変わらないのだから、50mlを探すと思います。



どうでしょうか。
まだまだ考えていけば色々ありますが、とりあえずこんなところである程度イメージができてきたかと思います。

そうすると、Cが一番ぴったりこないですか?


こんな感じでタイトルを考えれば少しでも”多くの”、”その商品が欲しい人”に見てもらえるのではないかと思います。














ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(3) | TrackBack(1) | まずは出品の基本を知ろう!編

オークション終了時刻の設定の仕方


いかにして競ってもらうかは、オークションで少しでも高く買ってもらいたいのであれば、かなり重要なポイントです。


落札する人の心境を考えると、

『少しでも終了時間が近い物に入札したい』

というのは当然あります。



つまり、

『少しでも多くの人がログインしている時間こそが、終了時間にふさわしい』

ということになります。




というわけで、私はだいたい22〜23時ごろを終了時間に設定しています。この時間が最もアクセスの多い時間だからです。




Yahoo!オークションの出品登録の終了時間設定のところに書いてあるのは、「深夜22時頃より1時頃までの間にアクセスが集中し、入札しにくい状態にあります。オークション終了間際の入札が増えておりますので、この時間帯の終了指定はなるべく避けていただけますよう、お願いいたします。」

とあります。



アクセスが集中したところでやはりこの時間が最適な時間だということを表しています。



ただ、すべてがすべてその時間が良いかというとそうでもありません。
違う時間帯に出したほうがいい物もあります。


例えば、「お母さん向け」の商品を出品する時です。


例えばバッグや、小物類などでお母さん向けにいいかな〜って商品だったら、昼頃に出品するのもありです。

子供服は昼ごろに終わる出品がかなり多いようです。



あとは、サラリーマンやOL向けにも昼の1時頃終了なんていいかもです。

というのは、会社でオークションを覗いてる人って結構いるみたいなんです。昼休憩終了くらいはアクセスが多いので、その時間に設定するのもありではないでしょうか。


このように、時間については自分の出品する商品と相性のいい時間を考えて設定するといいと思います。


曜日を考えるのも重要です。

週末が一般的にはアクセスが多いので、週末に設定するのがいいですが、先の例のように、お母さんや、サラリーマン・OL向けなら、逆に平日がいいと思います。


さらに、給料日直後なんて最高です。


毎月前半は、給料日の人が多いのか、アクセスが多少多いと思います。

あとは25日です。25日の給料日の会社が結構多いためです。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(3) | TrackBack(1) | まずは出品の基本を知ろう!編

最低落札価格に隠された秘密


最低落札価格


私はこれまでこの最低落札価格というものを一度も使ったことがありません。
この最低落札価格というものを有効に使う術を知らないからです・・・。


私はもともと落札する側でオークションに参入していたので、昔よく1円出品を見ていました。
入札が少なくて、値が上がってない掘り出し物を見つけるためです。



それで落札できても、結局送料が不思議なほどに高く、結果的に、高くついてしまうということに気がついて、1円商品に手を出すのはやめましたが・・・。

このことについては、後日あらためて記事にしたいと思います。



1円商品を探して、いざ商品説明ページを見ると、最低落札価格の文字が。


「なら1円で出品してる意味ないやん」


って思って、すぐに”戻る”ボタンです(笑)



私にはどうしてもこの最低落札価格を設定する意味がわかりません。


1円で出品→客引き

最低落札価格設定→利益確保



という戦術だというくらいしか、私には理解できません・・・・。



でも、入札する側からしたら、せっかく安く買えるかも知れないと期待を持って1円商品を見に来てるのに、「最低落札価格」という不透明な価格で(だって結局いくらなら買えるのか、入札してみるまでわからないわけですから・・・・。)がっかりしてしまうわけです。



ただ、現状オークションを見ていると、最低落札価格を設定してる人は、かなり多く見受けられます。



ということは、最低落札価格を設定する重要な意味があるのかも知れません。

私は、その謎が解けるまでは、「最低落札価格」は使うことは無いと思いますが。



しかし、100円も払ってまでまだ設定する人がいるのが本当に信じられない・・・。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(6) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

希望落札価格の有効な使い方


前回は最低落札価格に関して書きましたので、今回は、

「希望落札価格」

について書きたいと思います。


希望落札価格とは、

「この値段ならオークションをすぐに終了させて、取引してもいいですよ」

という値段です。


この機能の利点は以下の二つです。


1.商品の回転を早めることができる

当然のことながら、希望落札価格が設定してある出品は、その価格で入札した時点でオークションが終了しますので、その分早く売れるということです。

入札する側の心境としては、”様子の見ようがないので、欲しければ入札するしかない”ということです。
普通の出品であれば、誰かが入札しても、それ以上の値段で自分が入札すれば、買うことができますが、希望落札価格の場合、迷ってる間に他の人にさっさと買われてしまうかもしれないというわけです。


2.使い方によっては、本来の値段より高く売ることができる

これについては、「え?」と思われるかもしれません。
「普通の出品のほうが、入札が増えれば増えるほど値があがっていくので、高く売れるじゃないか」と思われたかと思います。

しかし、実は必ずしもそうでもないのです。
入札によって値があがっていくのは、かなりの人気商品だけです。
つまり普通に流通している商品の場合はそれが期待できないのです。

代わりがいくらでもあるのであれば、特にその商品に入札が殺到することはそうそうありません。
したがって、スタート時に高い値段で出していない限り、むしろ安く終了してしまいかねません。

では、なぜ希望落札価格を設定していると高く売れるのか?

それは、希望落札価格を本来の自分の希望価格よりも高くつけているからです。

まずスタート価格を低めに設定します。
そこそこの人気商品であれば1円でもかまいません。
こうすることでまずアクセスを集めます。

そうでない商品であれば、本来自分が狙う利益が出せるギリギリくらいのところで設定します。

また、そんなに人気は無いが見る人が見ればわかるというものであれば、強気なスタート価格にします。

次に希望落札価格をやや高めに設定します。
こうすることで、「入札合戦は面倒だし、確実にこの商品が欲しいから、少し高いけど希望落札価格でさっさと落札してしまおう」という気にさせることができるわけです。


これはオークションの中級者以上の方がよく使っているテクニックです。その商品の落札価格がある程度読める人でないと、逆に損をしてしまうかもしれませんので、お気を付けください。

オークファンで事前に調査することが何より大切です。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(4) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

注目のオークションの使い方


出品の際に、有料オプションというのがいくつかあります。
私はこれまで、その有料オプションを使ったことがありませんでした。

というのは、

「太字にしたからって、なんかいいことあるのか?」

「写真でかくしてもね〜・・・・」

「タイトルの背景黄色だと業者っぽくてお値打ち感が無いような・・・」

「送料無料で出品したことないし・・・」

「たかがアイコンにお金出せないし・・・・」

「即売価格なんて、開始価格と希望落札価格同じにすれば一緒だし・・・」

「最低落札価格って有料なんだ!?どうせ使わないけど・・・」


というように、有料オプションには魅力があるとは思えなかったわけですが、唯一『注目のオークション』これだけはどうなんだろうな〜って思っていました。

これは使いどころが難しいのですが、基本的には以下の条件を満たした場合は、確実に使う方がいいです。

・入札が多く見込めそうな人気商品

・他にライバル(同じような出品)が多い


入札が多く見込めそうであれば、競り合ってどんどんあがってくれることが期待できます。少しでも競ってくれる人を増やすためには、注目のオークションで目立たせることが必要です。

特に、ライバルが多い場合、少しでも目を引き付けないとそちらに持っていかれてしまいます。


注目のオークションに入札する金額は私は12円にしています。

試しにある商品に注目のオークションを使ってみたところ、同じカテゴリーで注目のオークションに入札してる人の最高位は20円でした。

まず最低額の10円で入札している人がかなりの数を占めます。
そして続いて11円で入札している人もかなり多いです。
しかし12円だと、全部で27品目あるうちの9番目でした。

12円の次は15円で、15円の人も7位ですから、12円が一番費用対効果が高いと思います。

別に1位になる必要はないですから。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(6) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

配送方法の選定


私がオークションに参入するに当たって、実は最大の障壁だったのが”配送”という部分でした。

なぜかというと、

・どこで発送すれば一番安いのか
・同じ配送業者でも色んな配送方法があるけど、どれがいいのか
・梱包はどうやればいいのか
・サイズや重さで料金はどうなるのか


というようなことがわからなかったので、出品説明文の記載ができないと思ったためです。

ですので、最初のころは、一番簡単なYahoo!ゆうパックのみで発送していました。しかしYahoo!ゆうパックよりも安く送れる方法もいくつかあるため、そういった方法を用意しておいたほうが、入札しやすくなるのではないかと思い他の方法を模索しました。

※現在ではYahoo!ゆうパックのサービスは終了しております。


現在はどのようにしているのかをご紹介しましょう。

あくまで私のやり方ですので、もっといい方法はあるかも知れませんが、最低限これくらいのやり方を知っておけば困らないと思います。



【1】本・CD・DVDを発送する場合

クロネコヤマトのクロネコメール便がお勧めです


<値段>
50gまで 80円
100gまで 110円
300gまで 160円
600gまで 210円
1000gまで 310円


<規格>
・長辺40cm以内、3辺合計70cm以内、厚さ2cm

厚さ2cmの荷物ってあんまり無いですけど、CDとかDVDなんかはギリギリいけます。本も薄めのものならOKです。

ちなみにメール便という名称ですが、本などでなくてもOKです。Tシャツなどの薄いものであればもっとも安く送れます。ただし、信書は送れません。現金など重要な物も送れません。


<長所>
・とにかく一番安いです
・配達がわりと早いです
・郵便受けに入れるタイプの配送ですので、本人不在でも大丈夫です
・配送番号を使って荷物の追跡がインターネットでできます
・だいたいのコンビニで扱っているので、発送が簡単です
・紛失または破損した場合は、運賃の返金または代替品の無償運送されます


<短所>
・厚さ2cm以下ですので、扱える品目が少ないです。
・配達日時の指定ができません。
・配達が遅延した場合の補償はありません。


<発送方法>
1.封筒に送る品物を入れます。
2.届け先・差出人の郵便番号・住所・氏名を記入します。印刷して貼り付けてもOKです。
3.コンビニに行き、「メール便で」と店員にお願いします。
4.チェック欄のところに2箇所チェックを入れます。
5.お金払って、控えをもらって終了。

とっても簡単です。
なお、ヤマト運輸に自宅まで来てもらって回収してもらうと楽で良いです。営業所に連絡して、聞いてみるといいと思います。



【2】CD・本などで厚さ2cmを超えてしまうもの

郵便局の冊子小包がお勧めです。
ただし、冊子小包の場合は、印刷されたものか、電磁記録媒体(CD・DVDなど)でなければ送れません。


<値段>
150gまで 180円
250gまで 210円
500gまで 290円
1kgまで 340円
2kgまで 450円
3kgまで 590円


<規格>
・下記のいずれかの方法で内容物がわかるようにする
 (1)封筒の一部を開く
 (2)中身が確認できるように無色透明な部分を作る
 (3)郵便局で見本を提示する
・3辺の長さの合計が1.7m以内
・3kg以内


<長所>
・かなり安いです
・ポスト投函もできます
・書留にすれば保障もつきます
・代金引換も可能です
・着払いも可能です
・速達でもOKです


<短所>
・メール便で送れる物ならメール便のほうが安いです。
・普通に使う分には補償は無いです。


<発送方法>
1.梱包します。封筒に開いた部分か透明な部分を作ってください。もしくは、梱包する物を持って郵便局に行き、物を見せてから、封筒に入れればOKです。
2.住所はあらかじめ封筒に貼っておきましょう。
3.郵便局に行って、窓口の人に、「冊子小包で」とお願いします。重さで値段はわかりますので、切手をお持ちでしたら、窓口でなくてもポスト投函でもOKです。
4.領収証もらって終了。慣れれば簡単で、安いので便利です。



【3】比較的安価なもの

定形外郵便(普通郵便)がお勧めです。


<規格>
・箱型 縦+横+幅=90cm以内 9cm以上×14cm以上
・封筒型 直径3cm以上×長さ14cm以上
・円筒型 1辺の最大60cm以内 紙以外でも可


<値段>
50gまで 120円
100gまで 140円
150gまで 200円
250gまで 240円
500gまで 390円
1kgまで 580円
2kgまで 850円
4kgまで 1,150円

※1kgを超える場合、ゆうパックのほうが安くなる場合が多いです。


<長所>
・郵便受けに入れるタイプですので、本人不在でも大丈夫です


<短所>
・補償がつきませんので郵便事故が怖いです。
・配達日時の指定ができません(ポストに届くので必要ないですが)


<発送方法>
1.梱包します。
2.届け先・差出人の郵便番号・住所・氏名を記入します。印刷して貼り付けてもOKです。
3.郵便局で「普通郵便でお願いします」と受付へ。
4.お金払って領収書もらって終了


【4】かさばるもの・補償が欲しい物

ゆうパックがお勧めです。ゆうパックは、サイズで料金が変わるものですので、1kgを超えるものであれば定形外郵便よりも安くなる場合があります。


<規格>
3辺170cm、重さ30kgまで


<値段>
多少複雑です。3辺のサイズで基準が決まり、さらに距離でそこに加算されます。詳しくはこちらをご覧ください。


<長所>
・サイズで料金が決まるので、重い物であれば安上がりです
・補償が30万円までつくので安心です
・配達時間帯の設定ができます
・受付の翌日配達で早いです。


<短所>
・基本的には普通郵便に比べると若干高いです。


<発送方法>
1.郵便局かコンビニで、配送伝票をもらい記入します。
2.品物に張り付けて担当に渡します。



【5】定形外郵便で390円〜580円になってしまうもので、次の規格におさまる物

レターパック350がお勧めです。


<規格>
・48mm×340mmの封筒(A4サイズのチラシが250枚程度封入できる程度)を使用し、厚さ30mm以内に収まる物
・重さ4kg以内


<長所>
・ポスト投函できます。
・荷物追跡サービスも利用できます。
・全国一律で350円なのでわかりやすいです。


<短所>
・サイズに限りがあります。
・補償がありませんので高額な物は向いていません。


<発送方法>
1.あらかじめ専用封筒を買っておきます。
2.その封筒に送る物を入れます。
3.ポスト投函するか郵便局で受付してもらって終了。封筒さえ入手してあれば簡単です。


【6】早く届けたいもので、次の規格におさまる物

レターパック500がお勧めです。


<規格>
・48mm×340mmの封筒(A4サイズのチラシが250枚程度封入できる程度)
・重さ30kg以内


<長所>
・ポスト投函できます。
・翌日配達です。
・荷物追跡サービスも利用できます。
・全国一律で500円なのでわかりやすいです。
・レターパック350と違い、厚さ30mmの制限は無く、封筒に入ればOK。


<短所>
・サイズに限りがあります。
・補償がありませんので高額な物は向いていません。


<発送方法>
1.あらかじめ専用封筒を買っておきます。
2.その封筒に送る物を入れます。
3.ポスト投函するか郵便局で受付してもらって終了。封筒さえ入手してあれば簡単です。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(12) | TrackBack(2) | まずは出品の基本を知ろう!編

梱包の仕方


オークションで出品してみたいけど、どうやって発送したらいいの?
そして、どうやって梱包したらいいの?

という疑問にお答えしたいと思います。


『梱包の仕方』


今回は、梱包の仕方について、記事を書いてみます。

と言っても、あくまで私の我流の方法ですので、最善の方法では無いかもしれませんが、参考にはなると思います。


<準備>

・ビニールテープ

・クリアテープ(セロテープでも可)

・エアクッション(プチプチ)

・はさみ

・封筒(A5〜A3まであると便利です。)

・ダンボール箱(スーパーとかでもらえるもので十分です。)

・新聞紙

・ビニール袋(透明なもので、サイズが色々あるといいです)

発送する数が少ないのであれば、全て無料か100円ショップで手に入る物ですので、安価に抑えることができます。

発送数が増えてこれば、それに応じて専門業者からある程度の数を買ったほうが安上がりになります。


<封筒に入るものの梱包>

1.商品をビニール袋で包みます。
これは商品が雨などで濡れないようにするためです。


2.エアクッションで包む
エアクッションに関しては、色々意見があると思いますが、私はほぼ全ての商品にエアクッションを使っています。
実際、古本などに必要なのかな?と自問自答したりもしますが(笑)
実際、衝撃対策の必要の無い物には使うことはないとは思います。


3.封筒に入れる
封筒に入れたら私はビニールテープで封をします。
ノリで貼るよりはがしやすいと思うからです。


4.住所を貼り付ける
メール便・定形外・冊子小包のように伝票を使わないものについては、住所を印刷しておいて、それを貼り付けます。
インクジェットプリンタを使われている方がほとんどだと思いますが、インクジェットの文字は水に弱いので、貼り付けた紙の全体を覆うようにクリアテープで貼って防水対策をします。


<封筒に入らない物>

1.商品をビニールに包みます。

2.エアクッションで包みます。

3.ダンボール箱に入れます。

4.緩衝材を入れます。
発泡スチロールなどあれば最善ですが、無い場合は、新聞紙を入れます。
ただし、新聞紙をそのまま入れてしまうと全て捨てるのが面倒になりますので、私の方法では、ビニール袋に2枚ずつくらい新聞紙をつめて、それを緩衝材にします。この方法は、スキマがたくさんできてしまうような時に使うといいと思います。


<緩衝材のいらない商品の場合>

1.ビニール袋で包みます。

2.包装紙で包みます。
外から見て中身がわからないようにするためですので、大きめの紙袋などあれば、それでもOKだと思います。



<ダンボールに入らないほどのでかいものの梱包>

1.エアクッションでとにかく巻く・・・。
(これしか無いと思います・・・・)

2.不安な場合は、宅配業者に梱包まで任せるのが無難です。


<補足1>

ダンボールはスーパーでもらってこれるもので十分なのですが、野菜が入っていたようなものでは、泥が付いていたりしていそうなので、避けたほうがいいです。(例え綺麗にしたとしても、イメージ的に。。)

できればペットボトルで使われていたような物だと無難です。
衛生用品などの入っていたダンボールだと、イメージ的に悪いですし、
においのある物(キムチなど)が入っていたダンボールもよくないです。


<補足2>

封筒は必ずしも使う必要は無いと思います。というのは封筒って結構高いんです。

ある程度数量を出していくとバカにならない出費になりますので、もし封筒代が気になるようでしたら、表面が無地で、ある程度の厚みのある
紙であれば、家にあるような昔のカレンダーなど使われてもいいのではないかと思います。

ただ世の中いろんな人がいるもので、「封筒を使うのが常識だ!」と思ってる方もなかにはいるかもしれないので(実際に過去にそんな意見をちらほら目にしました)注意が必要ではあります。(本来そんな常識は無いと思いますが・・・)

あと、100円ショップにはプチプチ封筒なるものが売っていて、確かに見た目はいいのですが、2枚で100円くらいするので、そこまでする必要はないと思います。




ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(14) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

落札後の流れ


落札後の流れ


落札されたら、できるだけ早くコンタクトを取りましょう。ここは早ければ早いほうが、好印象です。


しかし、なんらかの事情があり、すぐにコンタクトを取ることができない場合があります。


そういう時のために、私はファーストメールをYahoo!の落札通知に入れるように設定してあります。



設定の仕方は、


Yahoo!オークションのページからオプションという項目を選択



落札通知の編集



で、編集できます。



では、ファーストメールにはどんな内容が必要かということをご説明するかわりに、私の使っているファーストメールのテンプレートをご紹介しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



はじめまして、出品者の●●と申します。
この度は、落札して頂き、誠にありがとうございます。
短い間ではございますが、お取引完了までよろしくお願いいたします。


早速ですが、入金のご案内をさせていただきます。
入金は、落札金額+送料の合計でお願い致します。

送料はオークションの詳細ページに記載してありますので、お手数ですがそちらをご参照いただけますよう宜しくお願い致します。
メール便、定型外郵便には補償がついておりませんので、配達会社の責における配達事故などがあった際は、補償できかねます。

補償付の発送をご希望の際は、ゆうパックでの発送となり送料が変わります。
以下のリンク先をご覧ください。
http://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/charge/ichiran/22.html
サイズはオークションページに記載していますので、お手数をお掛け致しますが、そちらをご参照ください。


入金方法は、Yahoo!かんたん決済か銀行振込・郵貯口座振込みのいずれかとさせていただいております。



■Yahoo!かんたん決済
こちらからYahoo!かんたん決済の支払い手続きが行えます。
http://closeduser.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/jpypay_auclist

■ネット銀行
 支店名:●●支店
 口座番号:普通 ●●●●●●●●
 口座名義:●●●●

■郵貯口座振込み
 通帳記号:●●●●●
 通帳番号:●●●●●●●
 口座名:●●●●
 

 


ご入金いただけましたら、下記の内容で落札ナビにて、ご連絡をお願いいたします。

・郵便番号
・ご住所
・ご氏名
・お電話番号

ご入金の確認ができ次第、商品を発送させていただきます。
それではよろしくお願いいたします。


自宅郵便番号
自宅住所
自宅電話番号
氏名
メールアドレス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※送料は出品説明の中にすでに一覧が入れてあります。



これがYahoo!の落札通知に入ってるわけなのですが、私は再度同じ内容を落札者にメールするようにしています。というのは、落札通知を全て読んでいない方が結構多いからです。従って落札通知の内容は、すぐにファーストコンタクトがとれない時のための保険という感じで理解しておいたほうが無難です。



次は入金を待ちます。
私は現在は、Yahoo!かんたん決済と、ネット銀行、ゆうちょ銀行への振込みで受け付けています。

このかんたん決済と、ネット銀行は、振込みがあった際にメールが届くので、確認作業をしなくて便利です。


入金が確認できたら、できるだけ早く発送しましょう。
発送が完了したら発送完了メールを送ります。




定形外郵便の場合の例



お世話になります。早速のご入金誠にありがとうございます。

当方も、ご希望の定形外郵便にて発送させていただきます。



クロネコメール便の場合の例

お世話になります。早速のご入金誠にありがとうございます。

早速当方も、ご希望のクロネコメール便にて発送させていただきます。

配送番号は○○○○-○○○○-○○○○です。

こちらの番号で荷物の追跡ができます。



というような感じです。



商品が届いたら評価をしてもらいます。
評価をもらったら、こちらも評価のおかえしをしましょう。


もし、しばらくたっても評価がされない場合は、忘れているか、もしくは商品に不都合があった可能性もありますので、メールにて問い合わせてみましょう。



以上が落札後の流れです。
落札後の流れは、出品する方によって色々な流れがあるのですが、私は、この2回のやりとりだけで取引をしています。

オークションはたくさんのやりとりがあって、面倒だという印象があってなかなか参入できないという方も多いかもしれませんが、実はこの2回のやりとりだけで、基本的には大丈夫なんです。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(26) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

カテゴリ選択の方法


出品時のカテゴリ選択を慎重にやるかやらないかで、アクセス数に大きな差が出てきます。

カテゴリ違いは論外なのですが、出品できるカテゴリが複数考えられる場合は、どこに出品するかということはとても重要です。


例えば、ヴィトンのバッグを出品するのに、目立つと思ってエルメスのカテゴリに入れても、そのカテゴリはエルメスが欲しい人が主に見てるわけですから、当然反響は少ないです。

そういったメジャーなブランドのものはカテゴリを選ぶのは簡単ですが、シップス・アローズなどのセレクトショップ系のアイテムは結構迷ったりします。

セレクトショップ系のアイテムは、その商品のブランド名よりも、扱っているセレクトショップの名前が重要なキーワードになります。

タイトルにそのセレクトショップの名前を入れるのは当然のこと、そのカテゴリに出品するという基本的なことができてない出品が意外と多いものです。

こんなところに出品してなければもっとあがるのにな〜って思うもの、結構ありますよ。


正しいカテゴリの発見の仕方は、オークファンで、調べるのが最もてっとり早いです。

出品する商品で検索をかけて、同じ物でも高いもの、入札が多いもののカテゴリを調べて参考にします。

(ただし、注目のオークションの使用や、スタート価格による違いもあるので、一概には言えませんが、参考にはなります。)


特に、同じ商品を複数扱っている場合は、いろいろなカテゴリに出品してみてアクセス数やウォッチリストの数を調査してみましょう。

長い目で見ると利益に大きな差が出てきます。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(4) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

写真撮影について


今回から写真撮影に関する内容で記事を書いていきたいと思います。


以前、素人くささを売りにしていこうという内容の記事を書いたのですが、写真にはプロのような洗練された感じは必要ないと考えています。


あんまり洗練されすぎていると、お買い得感のあるオークションの商品ではなく、あらかじめ値段の設定されたネットショップの商品のように感じてしまうからです。


では、写真はどうでもいいかというと、それも違います。
ピンボケの写真では、入札する気にならないからです。
私の考える良い写真とは、

『はっきりと商品がどういうものかわかる』

『その商品の良さが伝わってくる』

『その商品の欠点もしっかり写されている』

『その商品を入手したとき、自分が使うイメージができる』


というものです。


その考え方にそって、それができるようになるための撮影テクニックを書いていきたいと思います。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(1) | TrackBack(1) | まずは出品の基本を知ろう!編

写真撮影の基本 


写真撮影のテクニックを書くにあたって、まず初めにこれだけは最低抑えておきたいという部分を書きたいと思います。


基本中の基本で、これだけ抑えておけば最低限の写真は撮ることができると思います。


1.ピンボケ・ブレ防止
ピンボケしてしまっている写真を使っている人は、結構多いです。色んな原因がありますが、少し気をつけるだけで、格段に変わります。


・三脚を使おう
カメラがしっかり固定されていないと手ブレによって、ボケた感じの写真になってしまいます。三脚を持っていなければ、何かしっかりした物の上に置いて撮影しましょう。


・セルフタイマーを使おう
シャッターを押すときに、力を入れるので、その瞬間カメラが動いてしまって、手ブレが発生します。セルフタイマーを使えばそれを防止できます。


・マクロモードを使おう
近くの物(50cm以内)を撮影するときはマクロモードに設定しましょう。機種によって設定の仕方は違いますが、花のマークがあればそれにあわせるだけでOKです。このマクロモードを使っていないために起こっているピンボケ写真はとっても多いです。


・シャッターの半押しを使おう
撮影の基本中の基本ですが、意外と知らない人が多いようです。半押しとは、シャッターボタンを半分押すと、ピントをあわせることができる機能です。半押しして撮影対象に照準を合わせてからシャッターを完全に押せば撮影対象にピントがあった写真が撮れるわけです。


2.光量を確保しよう
光量が不足してしまっていて、わかりにくい写真を使っている人も結構多いです。よくオークションのノウハウ本などには昼間、太陽による自然光を利用して撮るといいと書いてありますが、必ずしも太陽光が当たる場所で撮影できるとは限らないと思います。


・スタンドライトを使おう
2000円くらいで売っているデスクスタンドで十分ですので、入手しましょう。これがあるだけで、かなり便利です。できれば二つあると、両方を上手く使えば影を消せるので、より自然な写真が撮れます。


・昼光色の蛍光灯を使おう
蛍光灯には電球色・昼白色・昼光色と3種類の色が存在します。電球色が最もオレンジ色ぽい色で、昼光色が最も白い色です。スタンドライトなどに最初から付いている蛍光灯は、昼白色の蛍光灯が多いのですが、昼白色もややオレンジがかった色合いですので、商品に色がかかってしまう感じになります。もし入手したものが昼白色なら、昼光色のものに替えましょう。


・白い紙を使いましょう
スタンドライトの前に白い紙をはさんで光を当てることで、光がやわらいだ感じになり、自然光に近い感じになります。特に近い物を写す場合、これをするだけで、かなり自然な感じに仕上がりますので、試してみてください。


3.背景に気を配ろう
背景に扉やカーテンレールなど、部屋の物などが写っていると生活臭を出してしまって、雰囲気が落ちます。できれば無地の壁の前で撮影しましょう。

 
4.最低限の編集をしよう
http://www.woodybells.com/
ここにある、JTrimという画像編集ソフトは無料で使えますが、かなり使いやすいソフトです。このソフトを使って、切り抜きというコマンドを使い、無駄な部分をカットしましょう。他にも色んな機能があってとっても便利なソフトですが、とりあえず切り抜きだけでも使えればかなり便利です。無駄部分を省くだけで、かなり写真の印象は変わりますので、是非試してみてください。



これらの点を抑えておくだけでも、かなり写真の印象は変わると思います。慣れればとっても簡単なことですので、これだけは最低限抑えておきましょう。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(2) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

梱包材


私は、アパレル衣料の取り扱いが多いので、ビニール袋と紙袋を大量に用意していました。

まず商品をビニール袋で包み、そしてそれを紙袋に入れて発送するのですが、Tシャツなどかさ張らないものはA4とかA3の封筒に入れています。

封筒なら安く入手できるので、お勧めです。


ただ、紙袋が結構高くて、あんまり在庫を持ちたくないものですから、在庫を切らしてしまい、仕方なしに、写真を撮るときの背景用で購入してあった色付の大きな紙で包装して発送しました。

そうしたところ、『丁寧な梱包で良かった』というような評価を戴きました。


この紙なら、紙袋よりはるかに安くつくのに、見た目はそちらのほうが評判良かったようです。


というわけで、アウターなどの封筒に入らない大きめなものは、大きな紙で包装して出すようにしています。


多少面倒になりますが、安上がりですし、丁寧な印象を与えてくれるので、お勧めですよ。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

配送の基本その2 普通郵便(定形外郵便)




オークションを始める前までは、物を送るということをほとんどしたことがなく、送ることがあるにしても、コンビニから宅急便でというのが当たり前だと思っていたため、普通郵便という最もポピュラーな方法があることを知りませんでした。


オークションを始めてから発送方法を色々調べていくと、定形外郵便というものがあり、「こんな安い発送方法があったのか〜」と知ったわけですが、いざ郵便局まで行って『定形外郵便で』と言ったのですが、『普通郵便ですね』と切り返されました。


要するに定形外郵便って、普通郵便ことだったのか!と、その時初めて知ったわけです。

でも民営化されてからは「普通郵便で」というと「定型外ですね」と切り返されますが・・・。


定形外郵便の長所は、ある程度の軽い物であれば、最も安いということですが、短所は届くまでの時間が多少かかるというところと、補償が無いということです。


これまでは補償なんて無くても、別に事故なんてよっぽど無いしいいだろ〜と思ってたのですが、つい先日ついにその郵便事故にあってしまいました。


通常通り発送したのですが、5日ほどして落札者の方から届いていませんという連絡が来ました。


とりあえず発送したところに確認して、ちゃんと発送したということを確認したのですが、それでも届いていませんでした。


定形外郵便の場合、荷物追跡もできないので、それであればいかんともしがたいようで、泣き寝入りとなってしまいました。


私の場合、基本をYahoo!ゆうパックで設定していて、『値段が安い定形外もありますが、補償がありませんので、ご了承ください』


としてあったので、心苦しくも落札者様にご負担頂きました。

定形外を使用する場合、この一文は必ず入れておくことをお勧めします。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(1) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

質問への回答は重要


Yahoo!質問箱で興味をひく質問を見つけました。

『オークションで、急ぎではないけど、購入したいものを見つけました。
商品の状態も良く値段もまあまあだったんで、出品者さんに、商品について2、3質問したら、その返答の文面がそっけなくて・・・

実物を見れないし、返品もきかないから、質問するのはしょうがないと思います。
購入後の、その方とのやり取りのことを考えたら、なんか嫌で、購入しませんでした。
まぁ急ぎではなかったんで、また同じものを探そうとは思ってますが・・・。
皆さんなら、商品自体を気にいったら購入しますか??』


という内容です。

それにたいしての、ベストアンサーが、

『その品物が近々出品されるであろうと思うときには入札しません。
そっけないというのは程度によりますが、質問に丁寧に答えられない人って品物自体も適当に扱っている人な気がしてしまって。
中にはただ文章が下手な人もいるかもですが。

あと出品写真の背景の部屋の様子が恐ろしく汚い人(カップラーメンやペットボトルのごみが散らかっている)は同じ理由で入札しません。』

ということでした。


回答されている方の言うことはまさにそのとおりだと思いました。

品物を丁寧に扱っていないということもそうですが、取引自体も適当にされそうな気がすると思います。

質問が来るということは、その商品に興味を持ってもらっていると言うことであり、言ってみれば見込み客なわけですので、ここで適当な応対をしてしまうことほどもったいないことは無いと思います。

質問の入るような商品は必ずといっていいほど入札がはいります。

少しでも競ってくれる人を増やすためにもできる限り丁寧に質問に答えることが大切だと思います。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

値下げ交渉を有効に使おう


値下げ交渉をつけるとかなり反響が良くなるようです。

べらぼうに値下げを要求してくる人もいて困る時もありますが、売れ残った商品なんかは、値下げして出品するより、値下げ交渉可に設定して出品したほうが反応がよさそうです。売れ残り処分には、とても便利な機能だと思います。


使い方としては最後の手段という意味合いで使うと良いかと思います。

まず最初に出品する際は、『即決なし・値下げ交渉なし』で出品します。

もし3回再出品しても売れなかった場合、開始価格のままで『即決』のみ設定します。

これで3回再出品しても売れなかった場合、値段を下げるか、『値下げ交渉』を設定します。

こんな感じで徐々に値段を引き下げていくとロスが無い出品の仕方ができます。


(ただし長期戦を覚悟するならという前提ですが)
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(1) | まずは出品の基本を知ろう!編

商品説明の作成 


オークション出品の基本編 

『商品説明を作成しよう』

商品の説明はタイトルに続き、かなり重要な部分です。

実際に商品説明を書く際、どんなことに気をつけて書けばいいかをご説明します。



@説明(概要)を具体的に
例えば服であれば、半袖なのか長袖なのか、素材は何か、細身なのかゆったりめなのかなど、できるだけ詳しく情報を書きましょう。

電化製品であれば、そこのメーカーなのか、何年製のものなのか、機能的な特徴は何か、などです。



Aその商品のメリットを明瞭に
その商品を使うことで買う人にとってどんなメリットがあるのかを明確に書きます。
アパレルの商品は特に、ここの書き方だけで売れ方が全く変わってきます。
例えば

「●●スタイルの着こなしに使えます」

「●●な雰囲気になります」

などなど、その商品の使い方を説明したり、その商品を使っているイメージをしやすくするわけです。



B詳細を箇条書きで
基本的な情報は箇条書きで書くとわかりやすいです。
例えば以下のような感じです。

[サイズ]●●cm×●●cm×●●cm
[素材]●●
[製造年]●●年
[状態]B(ABCDの分類については後述)
[購入金額]●●円
[購入店舗]●●店


C状態はわかりやすく
上記の箇条書きの中の[状態]の項目はABCDの4段階評価にしている人が多いです。
これはあくまで主観的な見方となりますので、評価の内容を別に記載する必要があります。

A 未使用・ダメージ無しの美品
B 目立つダメージはほぼ無い
C 使用感多少あり
D 目立つダメージあり

のような感じで良いかと思います。

ちなみに私はこの4段階は使っていません。
全て言葉で表記しています。

「目立つダメージは無く良好です」

というような表現です。
なぜこんな書き方をするのかには理由があるのですが、ここでは省略させていただきます。




D参考レポート
商品説明を作る上で非常に参考になるレポートです。
お時間がある方は是非読んでみてください。


『書き方を変えただけで ボカン!ボカン!売れる!儲かる!オークション・アフィリエイト商品説明のツボ』
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(1) | まずは出品の基本を知ろう!編

ネット銀行に登録しよう(続き)


私はこれまでオークションの取引には主にイーバンク銀行を使っていました。


◆イーバンク銀行

◆ゆうちょ銀行

◆Yahoo!かんたん決済


この3つがあれば、ほとんどの方の希望に応えられると思います。

他にも切手や商品券での取引も可としています。



しかし、普段なにげなく使っていたイーバンク銀行のサービスで、重大な変更があったことにいまさら気がつきました。

それは・・・



現金の引き出しに、全時間帯で手数料が210円も取られるようになっている!

そしてさらに、預け入れにまで手数料が210円も取られるようになっている!


※3万円以上の取引は除く



しばらく気がつかなかった私も私ですが、ありえない改変です。

ただでさえイーバンクは引き出せる場所がセブンイレブンかヨーカドーくらいしかなくて、不便な部分があったのに、さらに全時間帯で手数料を、しかも普通の銀行の倍の210円も取られるなんて!



常に3万円以上の取引をしていれば関係の無い話ですが、私は常にこまごまとした取引をする方なので、どうにも馴染めません。

納得がいかないので、ネットバンクを変えました。



というわけで、オススメのネットバンクは、


住信SBI銀行


ここなら引き出しは基本無料だし(セブン銀行以外では月5回まで無料で、それ以上は一回105円)、預け入れには手数料かからないし(普通当たり前だと思うのですが)、口座維持手数料もかからないです(ジャパンネット銀行はこれさえ無ければ・・・)。



住信SBI銀行様。
お願いですから、手数料の改変しないでくださいね。。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

開始価格の設定の仕方


オークション出品の基本編

『開始価格の設定の仕方』


開始価格の設定は商品の性質によって大きく変わります。
ここではいくつかのパターンをご紹介します。

@超人気商品
品薄になっているレアな商品を出品する場合はとても簡単。
1円で出品しましょう。
欲しい人はいくらでもいるので、必ず適正なところまで値が上がります。

1円で出品する理由は、少しでも入札数を増やすためです。
入札数が増えると自然に目立つ位置に来やすくなります。
また入札が多いことで安心感も与えます。
「みんなが入札してるなら安心」という心理です。



A知る人ぞ知る商品(レアな物)
オークファンで過去のデータを調べて、その中で最高値に設定します。
すぐに売れてほしい場合は、”即決あり”+”値引き交渉あり”に設定して、自分が望む値段で交渉が来るのを待ちます。



Bアパレル商品(ブランドあり)
オークファンの過去データはあてになりません。
なぜなら電化製品などと違い、アパレル商品は同じものはあまり無いからです。
また同じ物があったにしてもそんなに多いわけではなく、せいぜいひと月に一つや二つの相場ではあてにならないわけです。

基本を理解していない人が本来1万円で売れるものを1千円くらいで出してしまい、そのまま入札で競ることもなく1千円で終わってしまっているものが結構あります(相場さえわかる人ならそういう商品を仕入れて売ることも可能です)。

実際に、アパレル商品の値付けはとても難しいです。
相場を見ているとある法則に気がつきます。
その法則を見つけ出せば適正な価格での出品ができ、ロスを減らすことができます。



C普通の物
たいして知名度も人気もない物は、やはりたいした落札価格も期待できません。
だからといって、最もやってはいけないことは1円もしくは安価出品です。
これをやると、入札で競ることもなく1円で終わってしまう可能性が高いのでとても危険です。

少し高めの値段で設定して、売れなくて再出品する際にウォッチリストの数を見て値下げするかどうかを決めます。
ウォッチリストが5以下なら値下げしないとまず売れないでしょう。


DパソコンやTVなど黒物家電
パソコンや液晶TVのように黒物家電(この言葉は一般的ではないかも知れませんが、いわゆる”娯楽”に属する家電です)は、相場がしっかりしているので、そうそう安値で買いたたかれることはありません。

しかし年が経ち、年式が古くなるほどに価値が下がるのが一般的です。
モデルチェンジの回転も速いので、先週までは高く売れてたものが急に値崩れすることもありますので注意が必要です。

これらを踏まえると、1円出品で早めに売ってしまうのが得策です。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(2) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。