古物商とは(その1)


古物商とは、どんなものかを知る前に、古物とは何かをご説明します。

古物というと、骨董品のようなものをイメージされる方もおみえかも知れませんが、古物とは、一言で言えば「中古品全般」のことです。

中古品というと、汚いとかホコリっぽいイメージがあるかもわかりませんが、最近ではそんなことも無いです。

上場を果たした、愛知発の有名なリサイクルショップ「コ○兵」のように、店舗をブティックのような上品な雰囲気を作り上げ綺麗に保ち、商品も磨き上げて差別化を図るというビジネスモデルもあります。

また、贈答品のように全く使っていない物でも、古物扱いとなります。



では、なぜオークションに古物なのか?

ということなのですが、古物の最大の特徴は、

『利益率が高い』

ということであるといえます。


仕入れ方法にもよるのですが、最大で粗利益率が100%ということも普通にあるのです。

「100%って、え?」

と思われた方もお見えかもしれませんが、実に単純なことで、無料で引き取った物を売ればそうなるわけです。


無料で仕入れるというのは、色々なやり方があり、そのやり方を知らなければ不可能で、これは極端な例ですが、仕入れ価格が安いということは、古物全般共通していることで、50%〜80%なんてことも全く珍しくないのです。


つまり仕入れさえうまくできれば、オークションで儲けるのはとても簡単なんです。



古物は大きく分類すると、13に分かれます。

1.美術品

2.衣類

3.時計・宝飾品

4.自動車

5.自動二輪車・原動機付き自転車

6.自転車

7.写真機

8.事務機器

9.機械工具類

10.道具類

11.皮革・ゴム製品

12.書籍

13.金券



わかりやすいものから、いまいちどういうものなのかイメージがわかないものまで様々だと思います。



今回は、そのうちの一つで、普段の生活に最もなじみのある

「道具類」

をご紹介します。


道具って言われても、なんかピンとこなかったのは、私だけでしょうか?

私は、電動ドライバーとか、チェーンソーとか、そんな感じかと思っていましたが、実はこの道具類というのは、非常に幅が広いんです。

・日用品

・家具

・楽器

・スポーツ用品

・CD、DVD、レコード、テープ、ビデオ

・ゲームソフト


といった感じです。

なじみが深いから、扱いも他の古物に比べて、扱いやすいのではないかと思います。

特にゲームやCDは活発に取引されているものです。ゲームやCDは、必ずしも新品で綺麗である必要が無い物ですので、中古販売に向いているのです。


この道具類での、オークション&古物のネット古物商の利点をあげるとするならば、”品揃えが必要ない”ということです。

本来店舗販売の場合、ゲーム類・CD類はとにかく品揃えが重要になってきます。ゲームは代替の利かないものですので、一つの欠品が重大な機会損失につながってしまい、ひいては客数減につながってしまうのです。


しかしネット古物商は、品揃えが全く無く、極端な話1種類の品しか扱っていなくてもその商品が欲しい人だけが買いにオークションページを訪れてくれるわけです。

ゲーム・CD類は、単価もそこそこ取れて、また在庫もかさばらないので、特にネット古物商に向いています。


古物とは?(その2)>>






ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(10) | TrackBack(2) | 古物商を知ろう!編

古物商とは(その2)


今回は、古物商の分類のうちのひとつ、


皮革・ゴム製品


について、ご紹介します。


なんかなじみが無さそうな分類ですが、実はこれはかばんとか靴などを含むものです。

これは、なじみがあるので結構入りやすそうな分類ですが、ブランドに精通していないと結構難しいと思います。

同じブランドでも物や程度によって全然値段が違ってくるので、ブランドが本当に好きでなければなかなか参入できません。

また当然、偽者が多く出回っているので、それを判別する知識も必要です。特にヴィトンやグッチのように偽物が多いブランドは販売証明書のようなものが無いとなかなか入札してもらえません。


利点は、人気のあるカテゴリのため、入手できればすぐに売れるということです。また単価も高いので、販売数が少なくても利益額が見込めるということです。


ポイントとしては、仕入れた物にいかに付加価値をつけて売るかということに尽きると思います。魅力的な見せ方ができるセンスや、修理・補修をできる技術などが強みになります。


次は「古物商許可証とは」をご説明します。

古物商とは(その3)>>






ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(7) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

ネット古物商の優位性


オークションと古物の相性が良いのは前述のとおりです。

今回は、ネット古物商の優位性について書いてみたいと思います。


1.参入が容易

ネットを使わない普通の古物商に参入しようと思っても、店舗を持つための資金の問題などがあり、そう簡単に参入できるものではありません。

しかし、ネット古物商は、オークションで出品することができ、古物商許可証があれば、誰でも簡単に参入できます。


2.自分のペースでできる

ネット古物商は、独立して専業でやる必要はありません。
副業でもできます。

仕入れさえできれば、出品は片手間で行うことができますので、会社勤めの傍らでできるわけです。
稼ぎたい額にあわせて自分で仕事量を調節してやればいいのです。

もちろん専業でやっている方もたくさんいます。

ある程度売上が上がってこれば、アルバイトを雇って、作業を任せてしまうという手もあります。
そうすれば仕入れに専念できるので売上も大きく伸ばすことができるわけです。


3.仕入れ先は無限

これはネット古物商に限ったことではないのですが、ネット古物商のほうが、仕入れ先はさらに多く持つことが可能です。
というのは、オークションにて仕入れをすることが可能だからです。

少しコツを覚える必要はありますが、オークションで仕入れたものを古物市場で売るという手段もあるわけです。

古物市場に限らず、トラックを走らせて不要品回収をしてもいいですしリサイクルショップを回って掘り出し物を見つけてもいいです。

ネット古物商の間で「裏古物商」と呼ばれる、古物市場よりもさらに利益のとれる仕入れ先もあります。

これについては、後ほど紹介したいと思います。


4.コストがかからない

通常、店舗を持った古物商の場合、店舗の維持費や土地代など、さまざまなコストがかかってきます。

しかしネット古物商は、オークションの出品料の10円が1品につきかかるだけです。

そのため、売上から仕入れ原価を引いた金額がほとんどそのまま利益になるわけです。

当たり前のことですが、ここは大きなポイントだと思います。
売れ残りさえ作らなければほとんどリスクが無いということですから。


5.即金性がある

オークションにおいてよく言われることですが、本当にすぐ現金になります。
出品して翌日には現金になるなんてことも珍しくはありません。
すぐに現金になるということは、多額の資本が必要ないということです。
参入しやすいというところにつながってきますが、非常に大きな利点です。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

ネット古物商で稼ぐことができる人


ネット古物商は、やれば誰でも稼げます。
確実に稼げます。

がんばれば、独立することすらも可能です。


でも、矛盾することを言うようですが、稼げない人もいます。

どういうことかというと、”自分なりの稼げる方法を持っているかどうか”ということです。

つまり、方法を知っていればだれでも稼げます。知らなければなかなか簡単には稼げません。


その稼ぐ方法というのは難しいことではありません。

「”儲かる仕入れ”をし、”上手に売る”」

ということです。

「当たり前だ」と思われるかも知れませんが、つまるところこの二つしかないのです。


”儲かる仕入れ”は新品を扱うのでは、なかなか簡単にはいきません。
しかし、古物は利益率の高いものを簡単に仕入れることができます。

大切なのは、高い利益率を持つ商品を見出す眼力です。

いくら高い利益を出せる商品が目の前にあったとしても、それに気がつかなければそれを仕入れようとはしないはずです。

目利きができるかどうかがポイントなのですが、こればかりは経験を積むしかありません。
ただし、単に経験を積むだけでは、なかなか簡単に身に付くものでもありません。

相場をしっかりと研究し、自分で相場観を養っていかなければならないのです。

でも、相場感が身についてきて、儲かる商品が簡単に見つかるようになると、とても楽しいです。
そうなってしまえば、でかけるところ全てが仕入れの場になるからです。



高い利益を出せる商品を見つけたら、今度は高く売る技術が必要となります。

同じ商品をオークションで売るにしてもテクニックを知っているかいないかでは、その売上は大きく変わってきます。

このブログでも出品テクニックは色々とご紹介していますが、それ以外にも試行錯誤しながら、いろいろと身につけていく必要があります。



この二つを身につけることができれば、誰でも稼ぐことができます。
そして、この二つが身についてなければ、いくら古物許可証をとって、古物市場に行ったところで、稼ぐことはできません。

次でもう少し詳しくご説明します。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

ネット古物商で稼ぐために必要な資質


ネット古物商で稼ぐことができる方法を身につけることができるかどうかは、人によって向き不向きがあるということは前述のとおりです。

では、実際にそれを身につけるのにどうしたらいいのか。
とても簡単なことです。


1.相場観

もし何か一つでも得意分野があれば、すこし調べていけば、すぐに相場観は養われていきます。

もし得意なものが無ければ、とにかく古物市場で出される商品全て落札相場を予想しながら見ていって、少しずつ養っていきましょう。
出品された物をできるだけメモしていって、あとで見直していって、覚えていきます。

オークファンを使って、それらの商品を調べていって、落札相場を調査します。
それらを一覧表にして眺めてみると、儲かるポイントがわかってきます。

これらのことをやっていけば、誰でも相場観はついていきます。



2.出品テクニック

このブログに書いてある出品の基本、出品テクニックを全て読んでみてください。
それだけで、ある程度のテクニックは身に付きます。

あとは、オークファンを見て行って、同じ商品でも高く落札されている出品を研究してきましょう。

その商品が高く売れた要因が何かあるはずです。
それを調べていくことで、自然とテクニックは身に付きます。
タイトルの付け方なのか、商品説明の書き方なのか、写真の撮り方なのか、開始値段の設定の仕方なのか、注目のオークションの利用なのか(これは結果だけ見てもわかりませんが)、終了日時の設定の仕方なのかなど、様々な要因を分析しましょう。


これらの内容を自分はできそうだと思った方。

おそらくネット古物商はあなたに向いています。
是非ネット古物商で独立することを目指してがんばりましょう。
これらの内容を実践できれば、必ず稼ぐことができるようになります。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

古物商許可証の取り方


古物商許可証の取り方は有料情報商材として販売している人がいますが、気をつけてください。

そんな情報お金を出して買う必要はありません。


なぜなら古物商許可証というものは、簡単に言ってしまえば

『警察に届け出てお金払うだけで取得できるもの』

だからです。

警察に行ってお話を聞けば親切に教えてくれますので聞いてみてください。

警察に行ってお話を聞くのはなんか怖い・・・という方は、私におたずねください。


ネット古物商たけしに問い合わせ



ご質問、相互リンク、ご相談、オークション代行依頼などなど、なんでもお気軽にお問い合わせください。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

古物商とは(その3)


古物商を営むには”古物商許可証”が必要となります。

”古物商許可証”があると何ができるのか。
簡単に言うと、「商売目的で古物を仕入れることができる」ということです。

古物商許可証の制度はそもそも、盗品の流通を防ぐためにあります。
古物を扱える者を限定することで盗品の流通経路がわかるというわけです。

古物商許可証を取得したい方は以下の内容をご確認ください。


◆古物商許可証を取れない方もしくは取らないほうが良い方

1.古物商許可証をとりあえず取っておきたい人
古物商許可証は免許ではありません。従って、とりあえず取るだけ取っておくかというようなお考えでしたら取らないことをお勧めします。というのは、許可証を取得しても、営業を半年以内に開始しないと無効になってしまうし、営業を開始しても休業状態が6ヶ月以上続いたら無効になってしまうためです。「とりあえず取るだけ取っておくか〜」という感じで取得されると申請費用を損してしまうことになりかねません。

2.禁治産者・準禁治産者・破産者の方
許可を受けることができません。

3.禁固以上の刑に処された方(執行を受けることのなくなった日から5年を経過してない方)
許可を受けることができません。

4.住居の定まらない方
許可を受けることができません。

5.成年者と同一の能力を持たない未成年の方
許可を受けることができません。

6.許可証取得にあたり、およそ1万9千円の出費ができない方
申請費用として必要です。


以上の要件に当てはまらない方は古物商許可証を習得することができます。

古物商許可証ご覧ください。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。