写真撮影の基本 


写真撮影のテクニックを書くにあたって、まず初めにこれだけは最低抑えておきたいという部分を書きたいと思います。


基本中の基本で、これだけ抑えておけば最低限の写真は撮ることができると思います。


1.ピンボケ・ブレ防止
ピンボケしてしまっている写真を使っている人は、結構多いです。色んな原因がありますが、少し気をつけるだけで、格段に変わります。


・三脚を使おう
カメラがしっかり固定されていないと手ブレによって、ボケた感じの写真になってしまいます。三脚を持っていなければ、何かしっかりした物の上に置いて撮影しましょう。


・セルフタイマーを使おう
シャッターを押すときに、力を入れるので、その瞬間カメラが動いてしまって、手ブレが発生します。セルフタイマーを使えばそれを防止できます。


・マクロモードを使おう
近くの物(50cm以内)を撮影するときはマクロモードに設定しましょう。機種によって設定の仕方は違いますが、花のマークがあればそれにあわせるだけでOKです。このマクロモードを使っていないために起こっているピンボケ写真はとっても多いです。


・シャッターの半押しを使おう
撮影の基本中の基本ですが、意外と知らない人が多いようです。半押しとは、シャッターボタンを半分押すと、ピントをあわせることができる機能です。半押しして撮影対象に照準を合わせてからシャッターを完全に押せば撮影対象にピントがあった写真が撮れるわけです。


2.光量を確保しよう
光量が不足してしまっていて、わかりにくい写真を使っている人も結構多いです。よくオークションのノウハウ本などには昼間、太陽による自然光を利用して撮るといいと書いてありますが、必ずしも太陽光が当たる場所で撮影できるとは限らないと思います。


・スタンドライトを使おう
2000円くらいで売っているデスクスタンドで十分ですので、入手しましょう。これがあるだけで、かなり便利です。できれば二つあると、両方を上手く使えば影を消せるので、より自然な写真が撮れます。


・昼光色の蛍光灯を使おう
蛍光灯には電球色・昼白色・昼光色と3種類の色が存在します。電球色が最もオレンジ色ぽい色で、昼光色が最も白い色です。スタンドライトなどに最初から付いている蛍光灯は、昼白色の蛍光灯が多いのですが、昼白色もややオレンジがかった色合いですので、商品に色がかかってしまう感じになります。もし入手したものが昼白色なら、昼光色のものに替えましょう。


・白い紙を使いましょう
スタンドライトの前に白い紙をはさんで光を当てることで、光がやわらいだ感じになり、自然光に近い感じになります。特に近い物を写す場合、これをするだけで、かなり自然な感じに仕上がりますので、試してみてください。


3.背景に気を配ろう
背景に扉やカーテンレールなど、部屋の物などが写っていると生活臭を出してしまって、雰囲気が落ちます。できれば無地の壁の前で撮影しましょう。

 
4.最低限の編集をしよう
http://www.woodybells.com/
ここにある、JTrimという画像編集ソフトは無料で使えますが、かなり使いやすいソフトです。このソフトを使って、切り抜きというコマンドを使い、無駄な部分をカットしましょう。他にも色んな機能があってとっても便利なソフトですが、とりあえず切り抜きだけでも使えればかなり便利です。無駄部分を省くだけで、かなり写真の印象は変わりますので、是非試してみてください。



これらの点を抑えておくだけでも、かなり写真の印象は変わると思います。慣れればとっても簡単なことですので、これだけは最低限抑えておきましょう。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(2) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編
この記事へのコメント
大変わかりやすい、サイトですね。

ちなみに撮影する商品などの掲載条件
例えば、メーカーへの許可など

そのような情報は、どこでゲットできるか
わかりますか?
Posted by ミツオ at 2009年01月07日 19:29
ミツオさん
お返事大変遅くなってすみませんでした〈(_ _*)〉"

とても素晴らしい質問ありがとうございます。
早速この返答を記事にしてみますので、ぜひご覧ください。
Posted by ネット古物商 at 2009年02月26日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35971514

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。