タイトルは重要!


オークションにおいて、かなり重要度の高いものは、”タイトル”です。オークションで物を売るには、”少しでもたくさんの”、”その商品を欲しいと思う人”を集めることが重要です。

そういう人たちが競ってくれれば値が上がるからです。


それを考慮すると、タイトルって結構頭を悩ませる部分ではないかな?と思いますので、ここでは、タイトルの付け方を説明します。参考までに読んでみてください。



タイトルの付け方にはいろんなパターンが考えられます。

例えば、ブルガリプールオムという香水のタイトルを考えた場合、



@●◆★*⌒*☆*ブルガリプールオム*★*⌒*☆◆●50ml
もうとにかく記号とか使いまくって目立たせています。
確かに目だっていいかも知れませんが、目立たせる目的はそもそもカテゴリから来た人や検索して来た人に対して、同じ商品が並ぶリストの中で目立たせたいのでしょうが、同じ商品が並んでいてその中から一つ選ぶ場合って、目立つタイトルの物より、値段が安い物とか終了時間が早い物じゃないですか?
だからこういうのははっきりいってあまり意味がないように思います。



A福○雅○愛用香水!『ブルガリプールオム』50ml
芸能人の名前出して、そのファン狙いです。
これは多少効果はあると思います。
福○雅○に憧れる人が同じ香水を探すって意味で検索ワードに入れる可能性はあります。



Bブルガリプールオム(BVLGARI POUR HOMME)50ml
英語での正式名称を入れて作成。
これは何を狙ったものかというと、通常の検索からのヒットです。
通常のYahoo!検索から来る場合、正式名称を入力する人もいるので、そういう人が見つけてくれればラッキー♪って感じです。
でも、今回の場合、ブルガリの商品を検索するのにわざわざ”BVLGARI”で検索する人って少ないと思います。
英語表記が一般的なブランドならともかく、英語表記するためにスペルをわざわざ確認しなければいけないような名前ならあまり意味は無いかと思います。



C【新品未使用】ブルガリプールオム50ml
どういう状態のものかわかりやすく。
内容量も表記。





とまあ、こんな感じでしょうか。


では、このうちどれが正解なんでしょうか?

私の中での正解はCです。

しかし、これはたまたま扱うものがブルガリの香水だったからであって、もしこれがブルガリのバッグであったら正解は変わってきますし、アナスイの香水でも変わってきます。


これはなぜなのか。

理由は、”タイトルはその商品が欲しいと思う人に合わせるべき”だからです。

タイトルだけではなく、出品説明も写真も何もかもそうなのですが、「その商品を欲しい人は誰なのか」をよく考えることがオークションの必勝法と言っても過言ではありません。


その商品を欲しい人は誰かを考える際にはかなり具体的にその人をイメージしましょう。単純に20歳代男性というだけでは全くイメージできていないに等しいです。

例えば21歳の大学生と28歳の中間管理職の社会人では全く嗜好が違います。つまり、どんな職業で、どんな家庭構成で、どんな服が好きで、どれくらいの給料をもらっている人で、この商品の使い道はこうで、などと思いつく限り全ての要素を考えてみることです。

そうしてこの商品を欲しい人のイメージを細かく絵に描けるくらいまで固めることができればOKです。あとは、その人に合わせたタイトルにすればいいわけです。


今回のブルガリプールオムの例でCを選択したのはそういう理由です。
では、このブルガリプールオムという香水はどういう人が使うのか考えてみます。


・この商品は基本男性向けです(女性にも人気があるようですが)
・ブルガリというブランドはやや老舗的なブランドなので、10代よりも20代以上の方が好みます(と勝手に想定しています)。
・香水はややエレガントな香りで、あっさりした嫌味の無いものなので、少し上品な感じの男性が好むと思われますので、服装のタイプはきれいめだと思います。
・きれいめな服装はA型に多そう(偏見でしょうか)なので、新品にこだわって選びそう。
・嫌味がなくあっさりめの香りなので、オンでもオフでも使えると思います。
・ブルガリの香水をオークションで欲しがるということは、高価な物を少しでも安く欲しがっているのではないかと思います。なぜなら買おうと思えばそこらの店で売っているものだからです。わざわざオークションで買うということは安さを求めている部分があります。そうすると、30mlタイプと50mlタイプのあるこの香水を選ぶ際に、どうせほとんど値段は変わらないのだから、50mlを探すと思います。



どうでしょうか。
まだまだ考えていけば色々ありますが、とりあえずこんなところである程度イメージができてきたかと思います。

そうすると、Cが一番ぴったりこないですか?


こんな感じでタイトルを考えれば少しでも”多くの”、”その商品が欲しい人”に見てもらえるのではないかと思います。














ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(3) | TrackBack(1) | まずは出品の基本を知ろう!編
この記事へのコメント

明るい未来を信じよう♪
暗い日常は自ら切り開くモンだぜ?
http://gtcqi65.plistfa.info/
Posted by ちょっとした暇でもヤれる♪ at 2011年03月20日 09:34
はじめまして。初心者なのですがネットオークション関係をやってるので興味を持って拝見させて頂いており、挨拶がわりにコメントさせて頂きました。具体的なノウハウが満載でとても勉強になります。今後とも宜しくお願いします。
Posted by naish at 2011年04月10日 12:50
naishさん、はじめまして!

私もnaishさんのHPに伺わせていただきました。
ご同業なんですね!
ご同業の方にそう言っていただけるととても嬉しいです♪

これからもよろしくお願いします。
Posted by ネット古物商たけし at 2011年06月05日 02:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19290185

この記事へのトラックバック

売れる<^イトルのつけ方
Excerpt: オークションで少しでもたくさんの人に見てもらいたいのであれば、 タイトルのつけ方は最も重要なポイントです。 その商品を検索するであろうキーワードをできるだけたくさん 盛り込めるように工夫しま..
Weblog: ヤフオクの達人が教えるヤフオクの出品テクニック
Tracked: 2007-10-26 22:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。