【ネット古物商で稼ぐ方法!】ネット仕入れ(オークション仕入れ@)


ネット古物商の仕入れは、大きくわけて2パターンです。
古物市場やフリマなどの「外に出かける仕入れ」と、ネットによる「自宅で行う仕入れ」があります。

常に「外で行う仕入れ」はできませんので、「自宅で行う仕入れ」ができるかどうかで、仕入れ力は大きく変わります。

そこで今回は、ネットによる「自宅で仕入れる方法」をご紹介します。
まず最初にご紹介するのは「オークションによる仕入れ」です。

『オークションで売るものをオークションで仕入れるの?』という疑問を持たれた方もいるかもしれませんが、ネタは簡単です。

「出品に失敗しているものを狙い安く仕入れて、自分の出品技術を生かし高く売る」

ということです。


つまり、安く買える技術である“落札の基本”と、高く売る技術である“出品の基本がこの仕入れ法のカギになりますので、まずは本ブログの“落札の基本編”と、出品の基本編をご覧ください。



では、まずは「出品に失敗しているもの」とは、どんな出品なのかを考えてみます。

[1]スタート価格を間違えて(知らずに)出品してしまっている
スタート価格は、本ブログの“出品の基本編:開始価格の設定の仕方”でも述べているように、ある程度の法則があります。この法則を外して出品してしまっているものは、本来もっと高値で売れるはずのものを安く売ってしまっているものが非常に多くあります。

こういった商品を安く落札し、自分で高く売るわけです。
例えばアパレル商品でいえば、商品の状態にもよりますが、中くらいの状態で、ある程度のブランド力のある商品ならば上代の半額くらいが相場となります。それをはるかに下回る出品がされていれば、それはねらい目です。
目安としては、上代の1/4以下で出品されているもので、商品に難が無ければねらい目といえます。

また1円出品でそのまま値段が上がらずに終わってしまっているものも多くあります。
1円出品で売れないということは、あまり人気が無いので売れないという可能性が高いですが、中には魅力的な商品が安値のまま終わってしまっているものもありますので見逃せません。

[2]出品方法そのものが稚拙
■まずは、タイトルに注意
オークションごとに特色がありますが、楽天以外のオークションサイトはタイトルの制限文字数が少ないため、効果的なタイトルを作らなければなりません。ここに効果的な単語が使われていない商品はねらい目です。
アパレル商品で言えば、ブランド名に本来のローマ字表記以外に日本語名を表記していないタイトルは、大きく失敗しています。
検索から来る人を半分も逃してしまっているのです。
あとは、単語のつづりが間違ってしまっているものもねらい目です。

■ピンボケの写真で出品しているもの
自分自身がその商品自体をよく知っていれば、あとは状態説明を信じ、運を天に任せ(良い商品であるように願い)仕入れてしまうという方法です。
すごく魅力的な商品なのに、写真がピンボケのせいでよくわからない出品は結構あります。

■商品説明が不足
その商品の魅力を十分に伝えていない商品説明の出品はかなり多くあります(というか8割くらいの出品はそうかも)。
商品説明が悪いから、必ずしも安く買えるわけではありませんが、一つのねらい目ではあります。


これらの仕入れ方法で、もっとも重要なことは、「すぐに売れるものを狙う」ということです。
当たり前のことに思われるかもしれません。
しかし、意外とこれが落とし穴になります。

オークションのノウハウ本などで、「シーズンオフの商品を安く仕入れて、シーズンに入ったら高く売れ」という方法も紹介されていますが、これはある程度の資金力が要求されますし、保管場所も大きく取られますので、私はあまりオススメしません。

すぐに売れるからこそ資金が回り、その分稼げるのです。

「すぐに売れるもの」で「スタート価格を失敗しているもの」を狙うために、「すぐに売れるものを知る」ことと「相場を知る」ことが重要です。そのためには数をこなすのが一番です。逆に言えば、数をこなさないとその相場観は身につきません。自分の強い分野をとにかくしっかり調べて相場を研究してください。

これが身についてしまえば、「オークファン」でいちいち調べなくても、一目で「儲かる商品」がわかるようになります。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。