オークションと所得税のお話


今回はオークションによる収入の申告と所得税についてのお話です。

「オークションの収入って、申告しなくていいの?」

という疑問をお持ちの方もいるのではないかと思います。


特に、オークションを副業として行っている方は、だいたい会社員だと思います。

「会社員は会社で確定申告をしているので、オークションの収入は個人的に申告をする必要はあるの?」

という疑問はあるのではないでしょうか。


これに対する回答としては、

「収入の額によっては、あります」


まず、オークションでの収入は雑所得とみなされます。
そして、その雑所得の額で、課税か非課税かが変わります。

会社員は20万円以下だと非課税ですので、申告は不要です。
他に所得のない人は、38万円までなら非課税ですので、申告は不要です。

つまり、それ以上の収入がある場合は申告しなければなりません。

とはいえ、真面目に申告している人はあまりいないのではないかなと思いますが。


ネットオークション以外のネット収入(アフィリエイトなど)でも、その条件は一緒なのですが、他のネット収入との違いは、ネットオークションには「生活動産の非課税扱い」が適用される場合があります。

この聞きなれない「生活動産」とは、自分自身や家族が生活で使用する家具、什器、衣服などの事で、一個または一組の価格が30万円を超える宝石やべっ甲、七宝製品や書画骨董、美術工芸品以外のものの事をさします。

要するに、「使用したもの、高額商品でないものであれば、ある程度の額までは特に税金対策は必要ない」という事です。


注意したいのは、はじめからオークション目的で購入したものに関しては、税金が課税されるという事。

つまり、「古物商許可証を取得して、販売目的で仕入れて販売すれば、課税対象となる」ということです。


その場合の税金対策としては、かかった必要経費の詳細を保管し、税務署にそれらの経費を認めてもらう事です。

年間所得が多くなり、税金対策に悩むようなら、個人事業化したほうが経費も申告しやすくなります。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | オークション役立ち情報編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158580000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。