古物商とは(その3)


古物商を営むには”古物商許可証”が必要となります。

”古物商許可証”があると何ができるのか。
簡単に言うと、「商売目的で古物を仕入れることができる」ということです。

古物商許可証の制度はそもそも、盗品の流通を防ぐためにあります。
古物を扱える者を限定することで盗品の流通経路がわかるというわけです。

古物商許可証を取得したい方は以下の内容をご確認ください。


◆古物商許可証を取れない方もしくは取らないほうが良い方

1.古物商許可証をとりあえず取っておきたい人
古物商許可証は免許ではありません。従って、とりあえず取るだけ取っておくかというようなお考えでしたら取らないことをお勧めします。というのは、許可証を取得しても、営業を半年以内に開始しないと無効になってしまうし、営業を開始しても休業状態が6ヶ月以上続いたら無効になってしまうためです。「とりあえず取るだけ取っておくか〜」という感じで取得されると申請費用を損してしまうことになりかねません。

2.禁治産者・準禁治産者・破産者の方
許可を受けることができません。

3.禁固以上の刑に処された方(執行を受けることのなくなった日から5年を経過してない方)
許可を受けることができません。

4.住居の定まらない方
許可を受けることができません。

5.成年者と同一の能力を持たない未成年の方
許可を受けることができません。

6.許可証取得にあたり、およそ1万9千円の出費ができない方
申請費用として必要です。


以上の要件に当てはまらない方は古物商許可証を習得することができます。

古物商許可証ご覧ください。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146532461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。