ネットであるにも関わらず、半永久的に仕入れ先に困らないであろう仕入れ方法とは?


ここでは、これまでネット古物商で稼ぐ方法をご紹介してきました。

ここまでの情報を基に行動すれば、ある程度は稼ぐことができるのではないかと思います。

しかし、これまで紹介してきた方法は、あくまで「副業で稼ぐ方法」です。

本格的に展開すれば本業にすることも充分可能ですが、それには「もう少し突っ込んだノウハウ」と、「仕入れ先の拡充」が必要となってきます。


そのうちの「仕入れ先の拡充」について、ここで触れてみたいと思います。


これまで紹介してきた「古物市場仕入れ」や「フリマ仕入れ」などは古物商としては基本的な仕入れ場になります。

よりたくさんの場所に足を運んで、少しでも多く仕入れルートを確立するのが基本です。

しかし副業のレベルならこれで十分なのですが、本業のレベルまで持っていこうとすると、実はこれだけでは足りません。

「古物市場仕入れ」や「フリマ仕入れ」には限界があるからです。

というのも、古物市場にしてもフリマにしても同じ曜日に開催されることが多く、一度にたくさん周るのはなかなか難しいことが多いのです(地域にもよりますが)。

週に1回行って、1週間分仕入れることができれば良いのですが、なかなかそうもいかないことが多いです(仕入れ方によります)。


ということで、本業としてやろうと思うのであれば、古物市場・フリマの他にも仕入れ方法をたくさん持つことが必要になってきます。

そこで候補として考えられるのは、「ネット仕入れ」です。

ネット仕入れを仕入れ先の一つとして入れる理由は、他の仕入れができない時間でも行うことができるという利点があるためです。

しかし、ネット仕入れは手軽な分、ライバルも多くかなり難しいです。

誰でも簡単に仕入れることができるものを仕入れたところで、普通に考えれば儲かるわけがないです。

もちろんたまたま安いものを運よく仕入れることはできるかもしれませんが、あくまでたまたまです。

つまり着実に、恒常的に稼ごうと思ったら、通常ネットからの仕入れだけではかなり難しいと言えます。


では、どうすればいいのか。


”誰でも簡単に扱える物ではない物を扱えばいい”


当たり前のことです。

でも、実行に移す人はあまりいません。※ここが非常に重要なところです。

なぜか?答えは簡単。

めんどくさいから。

そう、つまり、ただの”食わず嫌い”

せっかく仕入れのチャンスがゴロゴロ転がっているのに、”めんどくさいから”参入してこないのです。

そしてそんな”食わず嫌い”が世の中には多いからこそ稼げるのです


通常、戦略というものは、勝てる場所(戦場)を選び、勝てる場所で戦うのが基本です。


簡単には参入できない(と思われている)戦場。

でも実際には勉強さえすれば簡単に参入できてしまう戦場。


であれば、そんなおいしい戦場はそうそう無いと思います。これこそ”勝てる戦場”なのです。


その商材は”中古カメラ・レンズ”です。

ほら、”めんどくさそう”と思いませんでしたか?

おそらく、大多数の人はここでページを閉じて別のところに行ってしまうでしょう。

だからこそ、ここで重い腰を上げた少数の人だけが、”勝てる戦場”で戦うことができるのです。



もしかすると、この文章を読んでいる方に、カメラが好きな方がいれば、ご自身の機材をオークションで売ったことがあるかもしれません。

その時、入札はいかがでしたか?
おそらくあっという間に売れてしまったのではないでしょうか?

そう、カメラ・レンズはものすごく回転が速いのです。

勝てる戦場で、しかも回転の速い商品を扱えるのであれば、少額の資金で始めることができます。

これこそまさにネット古物商にとって最適な商材だと言えます。


もちろん、ただカメラやレンズを闇雲に仕入れても儲かるわけはありません。

具体的にどうやってカメラやレンズで儲けを出すのか。

その”戦略”が大切になります。

”勝てる戦場”で、”勝てる戦略”で戦う。

戦略さえ手に入れれば、必ず勝てるでしょう。


では、戦略を一から組み立てて勝負するのか?

それができれば苦労はしません。

だったら、経験を持った人のノウハウをそのまま取り入れてしまえばいいのです。


カメラ転売 仕入れ特化型シークレットコンテンツ動画集+高値売りマスターコンテンツ動画集


このノウハウの作成者の方は、カメラ転売を副業から始め、3ヵ月後に独立し、4ヶ月目に月収50万円以上を稼いだそうです。

このコンテンツは、そのノウハウを余すことなくお伝えしたものです。


基本的にカメラ転売は仕入れの際その他の物販のようにお店に行って店員さんの目を気にしながらバーコードをピコピコ動かしリサーチする必要なんてありません。

いかに安く仕入れるか、そのノウハウがポイントになります。

仕入れノウハウ動画全動画数22個+高値売りノウハウ動画33個

初心者でも問題なく実践できるノウハウが凝縮されています。


このノウハウを使い、半永久的に仕入れをできるようにすれば、ネット古物商として独立する大きな手助けになります。


カメラ転売 仕入れ特化型シークレットコンテンツ動画集+高値売りマスターコンテンツ動画集





ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | TOP

『オークションで稼ぐネット古物商の秘密』


■給料上がる見込みも少ないし、なんかいい副業はないかな〜?
■古物は儲かるって聞いたけど、どうなの?
■古物を仕入れるには、どこから仕入れたらいいの?
■古物市場ってどこにあるの?
■なんでオークションで古物なの?
■古物+オークションで商売を始めて独立できるものなの?
■オークションで高値落札されるようになる秘訣はあるの?


これらのような、“古物”、“オークション”、“副業”に関する疑問を持ってこのサイトに来られたのでしたら、是非すみずみまでご覧になってください。

そのヒントは、きっとこのサイトに隠されています。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(5) | TrackBack(0) | TOP

【ネット古物商で稼ぐ方法!】ネット仕入れ(オークション仕入れA)


ネット仕入れをオークションで行う際にはいくつかの注意点があります。

ごく当たり前のことなのですが、しっかりとこの点を踏まえて仕入れないと失敗することがあります。

入札ボタンを押す前に、一度立ち止まって以下の点をもう一度確認してみてください。

@偽物をつかまないようにしましょう

メジャーなものであきらかに相場とかけ離れた安い商品は、必ずよく確かめてください。
まずは評価欄を見てください。悪い評価でトラブルが無いか確認しましょう。

また、偽物を扱っている人は、大量に同じものを出品していることが多くあります。
同じ商品があきらかに相場よりも低すぎる値段で大量に落札されている場合、まず偽物といっても過言ではありません。


A送料に注意しましょう

1円出品の業者にありがちなのが、やたらと送料が高いということです。
定形外郵便なら500円もかからないものが、1500円もの送料を設定しているようなところも珍しくありません。
入札する前に必ずチェックしましょう。


B例え利益を出せる金額でも、売れ筋かどうかを考えましょう

例えば私の得意なアパレルの分野だと、同じブランドでもトップスが強いところやボトムスが強いところなど、アイテムの種類によって売れやすいもの、売れにくいものがあります。

売れやすいものを仕入れないと資金が回らないので要注意です。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

【ネット古物商で稼ぐ方法!】ネット仕入れ(オークション仕入れ@)


ネット古物商の仕入れは、大きくわけて2パターンです。
古物市場やフリマなどの「外に出かける仕入れ」と、ネットによる「自宅で行う仕入れ」があります。

常に「外で行う仕入れ」はできませんので、「自宅で行う仕入れ」ができるかどうかで、仕入れ力は大きく変わります。

そこで今回は、ネットによる「自宅で仕入れる方法」をご紹介します。
まず最初にご紹介するのは「オークションによる仕入れ」です。

『オークションで売るものをオークションで仕入れるの?』という疑問を持たれた方もいるかもしれませんが、ネタは簡単です。

「出品に失敗しているものを狙い安く仕入れて、自分の出品技術を生かし高く売る」

ということです。


つまり、安く買える技術である“落札の基本”と、高く売る技術である“出品の基本がこの仕入れ法のカギになりますので、まずは本ブログの“落札の基本編”と、出品の基本編をご覧ください。



では、まずは「出品に失敗しているもの」とは、どんな出品なのかを考えてみます。

[1]スタート価格を間違えて(知らずに)出品してしまっている
スタート価格は、本ブログの“出品の基本編:開始価格の設定の仕方”でも述べているように、ある程度の法則があります。この法則を外して出品してしまっているものは、本来もっと高値で売れるはずのものを安く売ってしまっているものが非常に多くあります。

こういった商品を安く落札し、自分で高く売るわけです。
例えばアパレル商品でいえば、商品の状態にもよりますが、中くらいの状態で、ある程度のブランド力のある商品ならば上代の半額くらいが相場となります。それをはるかに下回る出品がされていれば、それはねらい目です。
目安としては、上代の1/4以下で出品されているもので、商品に難が無ければねらい目といえます。

また1円出品でそのまま値段が上がらずに終わってしまっているものも多くあります。
1円出品で売れないということは、あまり人気が無いので売れないという可能性が高いですが、中には魅力的な商品が安値のまま終わってしまっているものもありますので見逃せません。

[2]出品方法そのものが稚拙
■まずは、タイトルに注意
オークションごとに特色がありますが、楽天以外のオークションサイトはタイトルの制限文字数が少ないため、効果的なタイトルを作らなければなりません。ここに効果的な単語が使われていない商品はねらい目です。
アパレル商品で言えば、ブランド名に本来のローマ字表記以外に日本語名を表記していないタイトルは、大きく失敗しています。
検索から来る人を半分も逃してしまっているのです。
あとは、単語のつづりが間違ってしまっているものもねらい目です。

■ピンボケの写真で出品しているもの
自分自身がその商品自体をよく知っていれば、あとは状態説明を信じ、運を天に任せ(良い商品であるように願い)仕入れてしまうという方法です。
すごく魅力的な商品なのに、写真がピンボケのせいでよくわからない出品は結構あります。

■商品説明が不足
その商品の魅力を十分に伝えていない商品説明の出品はかなり多くあります(というか8割くらいの出品はそうかも)。
商品説明が悪いから、必ずしも安く買えるわけではありませんが、一つのねらい目ではあります。


これらの仕入れ方法で、もっとも重要なことは、「すぐに売れるものを狙う」ということです。
当たり前のことに思われるかもしれません。
しかし、意外とこれが落とし穴になります。

オークションのノウハウ本などで、「シーズンオフの商品を安く仕入れて、シーズンに入ったら高く売れ」という方法も紹介されていますが、これはある程度の資金力が要求されますし、保管場所も大きく取られますので、私はあまりオススメしません。

すぐに売れるからこそ資金が回り、その分稼げるのです。

「すぐに売れるもの」で「スタート価格を失敗しているもの」を狙うために、「すぐに売れるものを知る」ことと「相場を知る」ことが重要です。そのためには数をこなすのが一番です。逆に言えば、数をこなさないとその相場観は身につきません。自分の強い分野をとにかくしっかり調べて相場を研究してください。

これが身についてしまえば、「オークファン」でいちいち調べなくても、一目で「儲かる商品」がわかるようになります。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

オークションと所得税のお話


今回はオークションによる収入の申告と所得税についてのお話です。

「オークションの収入って、申告しなくていいの?」

という疑問をお持ちの方もいるのではないかと思います。


特に、オークションを副業として行っている方は、だいたい会社員だと思います。

「会社員は会社で確定申告をしているので、オークションの収入は個人的に申告をする必要はあるの?」

という疑問はあるのではないでしょうか。


これに対する回答としては、

「収入の額によっては、あります」


まず、オークションでの収入は雑所得とみなされます。
そして、その雑所得の額で、課税か非課税かが変わります。

会社員は20万円以下だと非課税ですので、申告は不要です。
他に所得のない人は、38万円までなら非課税ですので、申告は不要です。

つまり、それ以上の収入がある場合は申告しなければなりません。

とはいえ、真面目に申告している人はあまりいないのではないかなと思いますが。


ネットオークション以外のネット収入(アフィリエイトなど)でも、その条件は一緒なのですが、他のネット収入との違いは、ネットオークションには「生活動産の非課税扱い」が適用される場合があります。

この聞きなれない「生活動産」とは、自分自身や家族が生活で使用する家具、什器、衣服などの事で、一個または一組の価格が30万円を超える宝石やべっ甲、七宝製品や書画骨董、美術工芸品以外のものの事をさします。

要するに、「使用したもの、高額商品でないものであれば、ある程度の額までは特に税金対策は必要ない」という事です。


注意したいのは、はじめからオークション目的で購入したものに関しては、税金が課税されるという事。

つまり、「古物商許可証を取得して、販売目的で仕入れて販売すれば、課税対象となる」ということです。


その場合の税金対策としては、かかった必要経費の詳細を保管し、税務署にそれらの経費を認めてもらう事です。

年間所得が多くなり、税金対策に悩むようなら、個人事業化したほうが経費も申告しやすくなります。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | オークション役立ち情報編

ネット古物商を副業に!


先行きの見えないこの時代。

いつまでも今の会社で安定して働くことができるかどうかは、どんな会社で働く人にも保障されてはいません。

どんな一流企業でも、倒産するリスクを抱えているこの不安定な時代。


本当の意味での安定を求めるのなら、これからは自分で稼ぐことができる能力を身につけなければなりません。


きっと、このブログにたどりついた方は、ほとんどの方が同じように考えておられるのではないでしょうか。


このブログは、副業をテーマにしています。

なぜ“ネット古物商”が副業に最適なのかをお話する前に、まずは“ネットで副業”というものの、私個人の考えを書いてみたいと思います。


ネットで副業というとだいたい以下のようなものが考えられます。


■アフィリエイト

■情報起業

■お小遣い稼ぎサイト(広告クリック)

■FX、株取引など



しかしこれらは、ほとんどの人にとっては副業どころか、お小遣い稼ぎ程度にしかなりません。

下手したらがんばっても収入ゼロなんてことも珍しくありません。

それどころか、大きな損失を抱えてしまう恐れすらもあるのです。


アフィリエイトや情報起業にリスクなんてない?

いえいえ、そんなことはありません。

ずいぶん昔から、「アフィリエイトや情報起業で月に1万円以上稼いでいる人は、5%くらいしかいない」ということをよく言われています。

つまり、残りの95%の人たちは、稼げるか稼げないかわからないのにむやみに作業をしてしまうことで、”時間”というとても大切な資源を失ってしまうというリスクを抱えなければならないのです。


あなたは「アフィリエイトの稼ぎ方を考えてみてください」と言われて、自分で考えが浮かんできますか?

「●●をテーマにしたブログやHPを作って、このキーワードでSEO対策を施し、世の中に●●万人いる、●●のターゲットの人を、日に●●人集客して、こういう経緯で購入してもらおう」という感じで具体的に自分で考えることができる人なら、稼ぐことができる可能性はあるかもしれません。


でも、「アフィリエイトで1日2時間の作業で1カ月に●●円稼ぐ方法」みたいな情報商材を読んでノウハウを覚えて稼げばいいと考えている方・・・絶対に稼げませんのでやめたほうが良いです


理由は簡単。


アフィリエイトは誰でもできます。

インターネットが使える人なら誰でもできます。

つまり、日本中のインターネットが使える人を競争相手にしなければならないということになります。

そして、成功したら大金を稼ぐことができます。

在庫はいりませんので在庫を抱えるリスクはありません。

稼ぐ仕組みさえ作ってしまえば、大金を定期的に稼ぐことができます。





それがなぜ稼げない理由なのか。

5%しか稼げている人がいない現実がある中で、日本中の天才たちを含めて上位5%に入れる自信がありますか?

ということです。

ちなみに上位5%というのは、偏差値で例えれば慶応・早稲田に入れる偏差値ということになります。

稼ぐ仕組みさえ構築してしまえばかなり楽に稼ぐことができるのがアフィリエイト・情報起業ですので、そんな慶応・早稲田レベルの知能レベルが高く、努力を惜しまない人たちがたくさん参入しているのがアフィリエイトなのです。

※ちなみに稼げるかどうかは、学歴とは直接関係ありません。学歴が低い人でも稼いでいる人はもちろんたくさんいます。


5%に入ろうが入っていなかろうが、自分が稼げれば関係ない?

いえいえ、そうではありません。

なぜなら、昔から上位5%しか稼げていないという事実は変わらないのですから。

つまり、インターネットでアフィリエイト商品を買う人の数(市場)自体が広がらない限り、上位5%しか稼げない構図は変わらないのです。

そして、それはおそらく広がることは無いでしょう。

ネット通販市場は、まだ拡大を続けているのは確かですが、これだけ急激に拡大してきているにも関わらず、アフィリエイトで稼げているのは全体の5%という数字は変わっていないからです。


だから、アフィリエイトで稼ごうと思ったら、上位5%の人たちが作る、SEO対策が半端じゃない、記事の内容も興味深い内容で、サイトも見やすく、購入に至るまでのステップを考えつくしてあるようなサイトと戦わなければならないのです。


あなたはそんな人たちと戦って勝てますか?


ちょっとノウハウを得たくらいでは、そんな上位5%の天才たちにはあっという間においていかれます。

そういう天才たちは常に自分でやり方を考えて、しかもある程度稼げるという確証があってサイトを構築していますから、サイト構築のスピードは半端じゃないです。

そんなプロ相手に少しノウハウを得たくらいの素人が戦いを挑んでも勝てるわけがないのです。


例えるなら、ボクシングの国内大会に、練習もしたことがない素人がボクシングの本を読んだだけで優勝を狙うようなものです。

そんなもの結果はあきらかです。


だいたい、ノウハウなんて世の中に出た時点で、ノウハウでもなんでもなく、“一般常識”と化してしまいます。

高い金出したノウハウだから、皆は知らない?

いえいえ、売りに出されてる時点で、すでに世の中に出回っている方法なんですよ。

本当に稼げるノウハウであれば、他人に教える必要はありません。自分がその方法でこっそり一人で稼げばいいのですから。

つまり、知られてきて価値が落ちてきているからこそ売りに出されているのです。


また、よくあるような「一日●●時間の作業で」というのはだいたいが裏技のような一発ネタのやり方なので、長くは使えません。

そんな方法はすぐに知れ渡ってしまうので、みんながマネしてしまうからです。


「サイトを作ってあとはほったらかしで」なんてのもよく聞きますが、ほったらかしにしておけば、だんだんとアクセスは少なくなるし、内容も陳腐化していきますので、そのうち売れなくなります。



アフィリエイトは想像を絶するほど地道な作業を要求されます。

私の知り合いでも月に数十万稼いでいる人はいますが、一日の作業量から時給で換算すると、実は普通にアルバイトしているのとあまり変わらないそうです。

「自宅で気楽にできるからいいじゃないか」と思うかも知れませんが、しっかりと毎日その作業時間をとって地道に戦略を考えてサイトを構成していくのはかなり大変なことです。

稼げるかどうかもわからないのに、地道にサイトを構成する作業を要求されるわけですから、よっぽど稼げるという自信がある人じゃない限りは無理だと思います。


少し話しは逸れますがこんな話があります。

あるタクシー会社の運転手さんに、「なぜ独立しないのですか?独立したほうが中間を取られないから儲かるんじゃないですか?」と聞いたところ、「独立してしまうと逆に稼げないんですよ。」と答えたそうです。

これはなぜかというと、独立してしまうと仕事は全部自分のペースになります。

つまり、自分で常に自分をコントロールしていないと、すぐにさぼってしまい、仕事をしなくなってしまうということが原因だからです。

タクシーならまだ、制服に着替えてタクシーに乗り込んでしまえば気持ちの切り替えはできます。

しかし自宅で気楽に作業をしようとすると、気持ちの切り替えがきかないので、なかなか作業に手をつけることができません。

自宅で気楽に作業するということは、実は思っているよりとても難しいことなのです。



話を戻します。

先ほど述べたように、アフィリエイトで稼げる人は全体の5%だと言われていますが、実際にはもっと少ないのではないかと思います。

そしてその稼げない95%のほとんどの人は、「1日●●時間の作業で稼げる」というようなノウハウを読んだ人であるということを考えてみてください。

なぜなら、ほとんどの人は、そういう情報を読まなければ“アフィリエイトで稼いでみよう”なんて思わないはずですから。



あなたはそれでも稼げる5%に入れる自信がありますか?




では、なぜネット古物商なら誰でも稼げるのか?

そしてネット古物商がなぜ副業に最適なのか?

※やっと本題に入ります(汗



一番の理由は、「日本中に存在する“天才”たちを相手にしないですむから」です。

インターネットで稼ごうと思ったら、先ほど述べたように色々な方法があります。

アフィリエイトや情報起業などは、成功したらとてもおいしいことになります。

株やFXも同様です。

だから“天才”たちはその戦場で戦うわけです。

※天才とは頭が良いということだけをさしているわけではなく、「努力し」、「考え」、「行動できる」、いわば“稼ぐ天才”という意味です。


しかし、古物にはそういう“天才”たちは、あまり参入してきません。

それは、“天才的な頭脳を持っていて、努力を惜しまない”ということを前提にすると、アフィリエイトや情報起業のほうが断然“楽に”、“たくさん”稼げるようになるからです。

つまり、そういう人たちは古物にわざわざ参入してこないわけです。


戦略において、「勝てる戦場で戦う」ということは非常に重要なことです。

またもや話は少し逸れますが、兵力に劣る織田信長が今川義元に勝てたのも、桶狭間という「戦場」を選んで局地戦を展開したからこそ勝てたのです。

では、これをネットビジネスにおきかえると、アフィリエイトや情報起業のような「ハイレベルな戦場」で戦うよりも、「安く仕入れることができれば誰でも稼げる“ネット古物商”という戦場」で戦うほうが、誰が見てもあきらかに「確実に」稼げる(勝てる)ということになります。


あなたがご自分で「ハイレベルな戦場でも絶対に勝てる」という自信があるのでしたら、アフィリエイトや情報起業をお勧めします。

しかし、「そんなハイレベルな戦場で無駄な戦いをするくらいなら、堅実に稼いだほうがいい」とお考えなのでしたら、私は“ネット古物商”をお勧めします。


古物というものは、同じものは基本的に世の中に二つとありません。

だから、ある程度安定した値段で売ることができます。

つまり、素人でも安く仕入れる方法さえわかれば、儲けることができるのです。

そして、その「安く仕入れる方法」は、天才でなくても誰でも実践することができるから、ネット古物商は誰がやっても成功するのです。


でも、誰がやっても成功するからと言って、どんなやり方でも成功するというわけではありません。

正しいやり方(ノウハウ)を覚えて、基本に忠実に行えば誰でも成功できます。


ここでは、そんな正しいやり方(ノウハウ)をできるだけわかりやすくということを心がけて解説していますので、ぜひ隅々までご覧になってください。


そしてわからないことや、もっと突っ込んだ話を聞きたければ左側の欄にある”ネット古物商たけしに問い合わせ”というところからお気軽にお問い合わせください。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP


古物商とは(その3)


古物商を営むには”古物商許可証”が必要となります。

”古物商許可証”があると何ができるのか。
簡単に言うと、「商売目的で古物を仕入れることができる」ということです。

古物商許可証の制度はそもそも、盗品の流通を防ぐためにあります。
古物を扱える者を限定することで盗品の流通経路がわかるというわけです。

古物商許可証を取得したい方は以下の内容をご確認ください。


◆古物商許可証を取れない方もしくは取らないほうが良い方

1.古物商許可証をとりあえず取っておきたい人
古物商許可証は免許ではありません。従って、とりあえず取るだけ取っておくかというようなお考えでしたら取らないことをお勧めします。というのは、許可証を取得しても、営業を半年以内に開始しないと無効になってしまうし、営業を開始しても休業状態が6ヶ月以上続いたら無効になってしまうためです。「とりあえず取るだけ取っておくか〜」という感じで取得されると申請費用を損してしまうことになりかねません。

2.禁治産者・準禁治産者・破産者の方
許可を受けることができません。

3.禁固以上の刑に処された方(執行を受けることのなくなった日から5年を経過してない方)
許可を受けることができません。

4.住居の定まらない方
許可を受けることができません。

5.成年者と同一の能力を持たない未成年の方
許可を受けることができません。

6.許可証取得にあたり、およそ1万9千円の出費ができない方
申請費用として必要です。


以上の要件に当てはまらない方は古物商許可証を習得することができます。

古物商許可証ご覧ください。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

古物商許可証の取り方


古物商許可証の取り方は有料情報商材として販売している人がいますが、気をつけてください。

そんな情報お金を出して買う必要はありません。


なぜなら古物商許可証というものは、簡単に言ってしまえば

『警察に届け出てお金払うだけで取得できるもの』

だからです。

警察に行ってお話を聞けば親切に教えてくれますので聞いてみてください。

警察に行ってお話を聞くのはなんか怖い・・・という方は、私におたずねください。


ネット古物商たけしに問い合わせ



ご質問、相互リンク、ご相談、オークション代行依頼などなど、なんでもお気軽にお問い合わせください。


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

開始価格の設定の仕方


オークション出品の基本編

『開始価格の設定の仕方』


開始価格の設定は商品の性質によって大きく変わります。
ここではいくつかのパターンをご紹介します。

@超人気商品
品薄になっているレアな商品を出品する場合はとても簡単。
1円で出品しましょう。
欲しい人はいくらでもいるので、必ず適正なところまで値が上がります。

1円で出品する理由は、少しでも入札数を増やすためです。
入札数が増えると自然に目立つ位置に来やすくなります。
また入札が多いことで安心感も与えます。
「みんなが入札してるなら安心」という心理です。



A知る人ぞ知る商品(レアな物)
オークファンで過去のデータを調べて、その中で最高値に設定します。
すぐに売れてほしい場合は、”即決あり”+”値引き交渉あり”に設定して、自分が望む値段で交渉が来るのを待ちます。



Bアパレル商品(ブランドあり)
オークファンの過去データはあてになりません。
なぜなら電化製品などと違い、アパレル商品は同じものはあまり無いからです。
また同じ物があったにしてもそんなに多いわけではなく、せいぜいひと月に一つや二つの相場ではあてにならないわけです。

基本を理解していない人が本来1万円で売れるものを1千円くらいで出してしまい、そのまま入札で競ることもなく1千円で終わってしまっているものが結構あります(相場さえわかる人ならそういう商品を仕入れて売ることも可能です)。

実際に、アパレル商品の値付けはとても難しいです。
相場を見ているとある法則に気がつきます。
その法則を見つけ出せば適正な価格での出品ができ、ロスを減らすことができます。



C普通の物
たいして知名度も人気もない物は、やはりたいした落札価格も期待できません。
だからといって、最もやってはいけないことは1円もしくは安価出品です。
これをやると、入札で競ることもなく1円で終わってしまう可能性が高いのでとても危険です。

少し高めの値段で設定して、売れなくて再出品する際にウォッチリストの数を見て値下げするかどうかを決めます。
ウォッチリストが5以下なら値下げしないとまず売れないでしょう。


DパソコンやTVなど黒物家電
パソコンや液晶TVのように黒物家電(この言葉は一般的ではないかも知れませんが、いわゆる”娯楽”に属する家電です)は、相場がしっかりしているので、そうそう安値で買いたたかれることはありません。

しかし年が経ち、年式が古くなるほどに価値が下がるのが一般的です。
モデルチェンジの回転も速いので、先週までは高く売れてたものが急に値崩れすることもありますので注意が必要です。

これらを踏まえると、1円出品で早めに売ってしまうのが得策です。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(2) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

ネット銀行に登録しよう(続き)


私はこれまでオークションの取引には主にイーバンク銀行を使っていました。


◆イーバンク銀行

◆ゆうちょ銀行

◆Yahoo!かんたん決済


この3つがあれば、ほとんどの方の希望に応えられると思います。

他にも切手や商品券での取引も可としています。



しかし、普段なにげなく使っていたイーバンク銀行のサービスで、重大な変更があったことにいまさら気がつきました。

それは・・・



現金の引き出しに、全時間帯で手数料が210円も取られるようになっている!

そしてさらに、預け入れにまで手数料が210円も取られるようになっている!


※3万円以上の取引は除く



しばらく気がつかなかった私も私ですが、ありえない改変です。

ただでさえイーバンクは引き出せる場所がセブンイレブンかヨーカドーくらいしかなくて、不便な部分があったのに、さらに全時間帯で手数料を、しかも普通の銀行の倍の210円も取られるなんて!



常に3万円以上の取引をしていれば関係の無い話ですが、私は常にこまごまとした取引をする方なので、どうにも馴染めません。

納得がいかないので、ネットバンクを変えました。



というわけで、オススメのネットバンクは、


住信SBI銀行


ここなら引き出しは基本無料だし(セブン銀行以外では月5回まで無料で、それ以上は一回105円)、預け入れには手数料かからないし(普通当たり前だと思うのですが)、口座維持手数料もかからないです(ジャパンネット銀行はこれさえ無ければ・・・)。



住信SBI銀行様。
お願いですから、手数料の改変しないでくださいね。。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

商品説明の作成 


オークション出品の基本編 

『商品説明を作成しよう』

商品の説明はタイトルに続き、かなり重要な部分です。

実際に商品説明を書く際、どんなことに気をつけて書けばいいかをご説明します。



@説明(概要)を具体的に
例えば服であれば、半袖なのか長袖なのか、素材は何か、細身なのかゆったりめなのかなど、できるだけ詳しく情報を書きましょう。

電化製品であれば、そこのメーカーなのか、何年製のものなのか、機能的な特徴は何か、などです。



Aその商品のメリットを明瞭に
その商品を使うことで買う人にとってどんなメリットがあるのかを明確に書きます。
アパレルの商品は特に、ここの書き方だけで売れ方が全く変わってきます。
例えば

「●●スタイルの着こなしに使えます」

「●●な雰囲気になります」

などなど、その商品の使い方を説明したり、その商品を使っているイメージをしやすくするわけです。



B詳細を箇条書きで
基本的な情報は箇条書きで書くとわかりやすいです。
例えば以下のような感じです。

[サイズ]●●cm×●●cm×●●cm
[素材]●●
[製造年]●●年
[状態]B(ABCDの分類については後述)
[購入金額]●●円
[購入店舗]●●店


C状態はわかりやすく
上記の箇条書きの中の[状態]の項目はABCDの4段階評価にしている人が多いです。
これはあくまで主観的な見方となりますので、評価の内容を別に記載する必要があります。

A 未使用・ダメージ無しの美品
B 目立つダメージはほぼ無い
C 使用感多少あり
D 目立つダメージあり

のような感じで良いかと思います。

ちなみに私はこの4段階は使っていません。
全て言葉で表記しています。

「目立つダメージは無く良好です」

というような表現です。
なぜこんな書き方をするのかには理由があるのですが、ここでは省略させていただきます。




D参考レポート
商品説明を作る上で非常に参考になるレポートです。
お時間がある方は是非読んでみてください。


『書き方を変えただけで ボカン!ボカン!売れる!儲かる!オークション・アフィリエイト商品説明のツボ』
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(1) | まずは出品の基本を知ろう!編

【ネット古物商で稼ぐ方法!】ネット古物商で稼ぐ方法 その1《フリーマーケット仕入れ》


【相場感を養うのはできそう】

【出品テクニックも問題無し】



であれば、あとは儲かる仕入れができれば稼げます。

儲かる仕入れというのが実は一番難しい部分で、キーワード検索からこのブログに辿り着いた方であれば、それはご自身が一番よくわかっている部分だと思います。


まず初めに紹介するのは、【フリーマーケット仕入れ】です。
これはいろんなところで語られているので、特に目新しくは無いと思いますが、それだけベーシックな方法です。


もしかすると実際にフリーマーケットに行って試された方もいるかもしれませんが、もし大した成果が上がらなかったのであれば、もう一度この記事を読んでから行ってみてください。

もしかしたら見落としていた部分があるかもしれません。



1.一番乗りで参加しよう

フリーマーケットに参加する場合は、開始前から行って待っていて一番乗りするくらいの気合いが必要です。

当然のことながら、フリーマーケットでは良いものからすぐに売れてしまいます。

一番乗りで素早く入って、めぼしい物を即座に見つけ、すぐに仕入れなければいけません。

ベストなのは、自分が出品者側にまわることです。

出品者側は自分の準備さえできてしまえば、開始前に他の人の出品を見ることができます。

その時にめぼしい物は開始前に交渉して買い取ってしまうのです。

ここまでやれば、そこそこの規模のフリーマーケットであれば、確実に利益の出せる商品に巡り合えるかと思います。



2.アパレル(衣料品)に集中しよう

フリーマーケットでの仕入れは、衣料品を中心にすると良いです。

フリーマーケットでは個人と業者の2種類の出品者がいますが、狙い目は基本的に個人です。

個人は相場をあまり理解していない人が多く、適当な値付をしてることが多いためです。

そして、個人が出品するもので最も多いのは衣料品です。

衣料品に集中すると良いというのはそのためです。

衣料品に集中し、状態の良し悪しを瞬時に見分けることができれば仕入れも素早くできるようになります。

チェックポイントは以下の通りです。

・汚れ、シミは無いか(あってもクリーニングで落ちそうか)

・素材に毛羽立ちは無いか

・色はくすんでいないか

・破れ、ほつれなどはないか(ほつれがあるものは多いが、許容範囲内か)

・ボタンは全て揃っているか

・ファスナーはちゃんと開閉するか



そして、最大のポイントはデザイン

例えばジャケットなどで、肩パットが入っていたり、ウエストが絞れていなくて、ストンとしたデザインだったりしないでしょうか。

4〜5年くらい前のものなら着れないこともないですが、10年前のものはあきらかに古い印象があります。

もしファッションに詳しくなくても、最低でも新しいデザインか古いデザインかを見極める目は必要です。



3.ブランドを覚えよう

衣料品を仕入れる時に絶対に外してはいけないのはブランドです。

いくら物がしっかりしていて、デザインが新しくてもノーブランドはまず売れません。

ノーブランドも売り方はありますが、それでも高く売ることは至難の業です。

ブランドがあるからといっても、人気の無いブランドはだめです。

また実店舗で人気があっても、オークションでは値段があがりにくいブランドもありますので、要注意です。

よく相場を調べて自分なりに調査してみましょう。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

出品補助ツールを使おう《即売くん→おまかせ君》


ヤフオクの出品方法のリニューアルが行われてだいぶ経ちます。

やや手数が増えて出品が面倒になったと思っていたのですが、そんな私にとってとても便利なツールがあるのをつい最近知りました。

あの”即売くん”を作った方が開発した、おまかせ君です。

よく無料でこれだけのツールを提供できるものだと思います。



このツールは簡単に言えば、”ヤフオクの出品を楽に行うツール”です。

大量に出品する際に同じような物を出品する際は、共通する内容でも出品ごとに設定しなければなりませんが、このツールを使えばそれを設定しておいて毎回同じ設定で出品することができますので、とても楽に、しかも早く出品することができます。

また、出品内容をまとめてたくさん作っておいて、一度に出品することも可能です。

さらに、”即売くん”との連携機能もついているので、出品内容を即売くんできれいに作っておいて、その内容を”おまかせ君”に転送して出品するということができます。

(連携機能を使う場合は、即売くんを最新のものにアップグレードしてください)


私は”おまかせ君”を使うようになってから、出品にかかる時間が数分短縮されたように思います。カテゴリ設定などが特に楽です。
使い慣れるととても便利ですのでぜひお試しください。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | オークション役立ち情報編

【ネット古物商で稼ぐ方法!】出品数を増やして売上を上げよう


オークション代行では、依頼者の数を増やして出品数を増やすことが売上確保への第一となります。

では、依頼者をどのように確保するのか。

通常はチラシを配り家庭の不用品を集めるということを行います。しかし、家庭の不用品がお金になるということを理解できる人は思ったよりも少なく、なかなか取引には至らないものです。


そこで最初は知人からあたってみることになります。通常の会社の新規開拓営業でもそうですが、最初はまず知人からあたるのは常套手段です。

ただ、知人を頼るのはどうも気が引けると思ってしまいがちな通常の営業とは違い、オークション代行は知人にお金を払ってもらうわけではないので、むしろオススメしやすいと思います。

最初は抵抗があるのは同じですが、オークション代行の場合、自分の不用品が現金になって返ってくると、とても喜んでもらえます。

私の依頼者の方は、だいたいリピーターとなってくれます。
最低でも3回は利用してくれています。
重要なことはそれを今後につなげることです。
そこでどんなことをして今後につなげるかをご紹介します。



【依頼してくれた方(クライアント)にとにかく満足してもらう】

顧客満足度(CS)なんて言葉が一時期流行りましたが、このオークション代行でもまさにその部分が重要です。クライアントが満足すれば、さらに依頼を追加してくれます。そしてそれを知りあいに話します(口コミ)。

どうすれば顧客満足につながるかということで、一番はやはり”少しでも高く売る”ことです。思っていたよりもずっと高く売れると、その喜びを誰かに伝えたくなります。それが口コミとなるわけです。少しでも高く売れるように努力することが最も重要なことです。


【口コミのシステムを作る】

クライアントに喜んでもらえば口コミが広がることは間違いありません。しかし、ただ口コミを期待するのではなく、口コミをしたくなるような仕組みを作ることも大切なことです。

例えば、紹介してくれた人の売上の5%を紹介者にバックするような仕組みを作ってもいいかもしれません。
(マルチネットワークビジネスみたいですが・・・)


ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(1) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

【ネット古物商で稼ぐ方法!】オークション代行の売上の仕組み


オークション代行の売上の仕組みは次のようになります。


1.[売上]=[販売数]×[平均売価]
売上を上げるために、販売する量を増やすか、少しでも高く売れるように工夫しようということです。


2.[販売数]=[出品数]×[落札率]
販売数を増やすために、出品する量を増やすか、少しでも落札してもらえるように工夫しようということです。


3.[出品数]=[依頼者数]×[一人当たり依頼数]
出品数を増やすために、依頼してくれる人を増やすか、一人が依頼してくれる数を増やそうということです。


4.[依頼者数]=[新規営業による自力獲得]+[口コミによる紹介者]
新規依頼者を増やすために、新規営業を行うか、口コミで紹介してくれる人を増やそうということです。


5.[落札率]=[アクセス数]×[入札率]
落札率を上げるために、アクセス数を増やすか、入札してくれる人を増やすかということです。


6.[アクセス数]=[検出数]×[詳細クリック率]
アクセス数を増やすために、検出される数を増やすか、詳細を見てくれる人を増やすかということです。



公式は厳密には違う部分もありますが、わかりやすいようにあえてこのように表現しています。

今後はこれらの公式について掘り下げていきたいと思います。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(3) | TrackBack(1) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

オークションの出品写真の著作権のお話


読者様からとても素晴らしい質問を頂戴しましたので、早速記事にしてみたいと思います。


今回いただいたご質問は、

「撮影する商品などの掲載条件、例えば、メーカーへの許可などの情報はどこへ行けば入手できるか?」

という内容でした。


まずは結論からですが、

「基本的にメーカーからの掲載許可は必要ありません」

オークションに使う商品写真は基本的には商品の所有権は出品者にあります。つまりその商品の写真を”自分で”撮って使う分には全く問題がないわけです。


自分の所有物を自分で撮った写真は自分に著作権が発生するからです。
ただし、”自分で”というところをあえて強調したのは意味があります。例えば、タレントの写真集を出品する際に、その写真集を”自分で”自分で撮影して出品するのは問題ありません。


しかし、その写真集の雑誌などによる広告写真を転載して使うことは違法行為となります。つまり、その広告写真の著作権は、雑誌などの出版社にあるため、その写真を勝手に使うことは著作権法違反となるわけです。


また、自分で撮った写真でもNGの場合もあります。それは、たとえばイベントなどで、そのタレントの写真を”自分で”撮って、その写真を使うような場合です。これはいくら”自分で”撮った写真でも、相手がタレントであるため、「肖像権」にひっかかるわけです。

その「タレントの写真集」という商品は、所有している出品者に所有権があり、その写真を撮ったところで、所有権は出品者にあるのですが、「タレントそのもの」は、出品者とはなんの関わりも無いものであり、当然撮影者に所有権など無いわけです。


少しややこしい話になってしまいましたが、さらにややこしくするようなお話をもうひとつ。

その写真集に、そのタレントの掲載されている雑誌の切り抜き写真をオマケでつける場合、その雑誌の切り抜き写真を”自分で”撮影して掲載するのはOKです。

これは”出品者の所有する雑誌”を撮影して使っているのであって、その雑誌の広告写真を転用しているわけではないからです。




法律ってややこしいですよね〜

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(1) | TrackBack(0) | オークション役立ち情報編

値下げ交渉を有効に使おう


値下げ交渉をつけるとかなり反響が良くなるようです。

べらぼうに値下げを要求してくる人もいて困る時もありますが、売れ残った商品なんかは、値下げして出品するより、値下げ交渉可に設定して出品したほうが反応がよさそうです。売れ残り処分には、とても便利な機能だと思います。


使い方としては最後の手段という意味合いで使うと良いかと思います。

まず最初に出品する際は、『即決なし・値下げ交渉なし』で出品します。

もし3回再出品しても売れなかった場合、開始価格のままで『即決』のみ設定します。

これで3回再出品しても売れなかった場合、値段を下げるか、『値下げ交渉』を設定します。

こんな感じで徐々に値段を引き下げていくとロスが無い出品の仕方ができます。


(ただし長期戦を覚悟するならという前提ですが)
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(1) | まずは出品の基本を知ろう!編

【ネット古物商で稼ぐ方法!】オークション代行


オークションを始めるにあたって、まず誰もが行うことは、家庭の不用品処分ですが、不用品も当然限りがありますので、次に考えることは、仕入をいかにして行うかというところに行き着きます。

しかし、仕入先は簡単には見つかりませんし、見つかっても利率が低くて、手間ばかりがかかるため、面倒になってやめてしまったりします。


また、一番のネックは、リスクが大きいということです。
新品を仕入れるということは、ある程度の数を仕入れなければならないわけで、売れ残ってしまうリスクはどうしてもつきまといます。

そこで、次に考えるのは、『オークション代行』というわけです。
オークション代行の最大の利点は、仕入を行わないので、リスクは全く無いということです。


しかしリスクはないのに、オークション代行が成功してる話は、あまり聞きません。
なぜなら、リスクが無い分、難しいことも数多くあるのです。

■仕入が難しい
オークションをやってみて、売りに出してみると、家庭の不用品でお金になるものは、案外多いということに気がついたはずです。自分の家にこれだけあるのだから、不用品を抱えてる家庭はいくらでもあるはずだという考えになるわけですが、真実はそうでもありません。

なぜならお金になる不用品をたくさん抱えているということを、普通の人は考えないのです。

そのため「オークションに代わりに出品するから、不要な物を預けてください」と言われたところで、「家にはそんな物は無い」と思われてしまうわけです。

■資格が必要
オークション代行を業として行うためには、『古物商許可証』が必要となります。この資格を得るために、特別難しいことはないのですが、申請から取得までに多少時間と費用がかかります。

■物によっては利益が少なすぎて、手間ばかり気になる
高額品ばかり仕入れることができればとても楽なのですが、なかなかそうはうまくいきません。
仕入れる基準を明確にしなければ、手間ばかりかかって、利益がほとんど無いなんてことにもなりかねないのです。

その他にもオークション代行を業として行うためには、難しい点はいくつかありますが、それらの問題をクリアしていって、いかにしたらオークション代行を業として行えるようになるかをご紹介していきたいと思います。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

オークファン有料会員


オークファンが有料会員サービスを始めました。

色々なサービスがあるようなのですが、その中で気になったのは、

「かんたん入札ツール100件」

というサービス。


(今まで無料で無限じゃなかったっけ?)


まあ、オークファンは今まで無料だったのが信じられないくらい便利なサイトなのでいいのですけども、無料のサービスよりさらに便利なものを提供していただけるのかと思って期待して見てみたのですが、少しがっかりでした。



今回の有料化の目玉は2年分の検索結果が見られるということのようです。


(2年分・・・・・必要かな・・・・。)




というわけで、今回の有料化は少し疑問の多いところですが、今後さらに発展して便利なサービスを提供していっていただけるのであれば、喜ぶべきなのでしょうか。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | オークション役立ち情報編

ネット古物商で稼ぐために必要な資質


ネット古物商で稼ぐことができる方法を身につけることができるかどうかは、人によって向き不向きがあるということは前述のとおりです。

では、実際にそれを身につけるのにどうしたらいいのか。
とても簡単なことです。


1.相場観

もし何か一つでも得意分野があれば、すこし調べていけば、すぐに相場観は養われていきます。

もし得意なものが無ければ、とにかく古物市場で出される商品全て落札相場を予想しながら見ていって、少しずつ養っていきましょう。
出品された物をできるだけメモしていって、あとで見直していって、覚えていきます。

オークファンを使って、それらの商品を調べていって、落札相場を調査します。
それらを一覧表にして眺めてみると、儲かるポイントがわかってきます。

これらのことをやっていけば、誰でも相場観はついていきます。



2.出品テクニック

このブログに書いてある出品の基本、出品テクニックを全て読んでみてください。
それだけで、ある程度のテクニックは身に付きます。

あとは、オークファンを見て行って、同じ商品でも高く落札されている出品を研究してきましょう。

その商品が高く売れた要因が何かあるはずです。
それを調べていくことで、自然とテクニックは身に付きます。
タイトルの付け方なのか、商品説明の書き方なのか、写真の撮り方なのか、開始値段の設定の仕方なのか、注目のオークションの利用なのか(これは結果だけ見てもわかりませんが)、終了日時の設定の仕方なのかなど、様々な要因を分析しましょう。


これらの内容を自分はできそうだと思った方。

おそらくネット古物商はあなたに向いています。
是非ネット古物商で独立することを目指してがんばりましょう。
これらの内容を実践できれば、必ず稼ぐことができるようになります。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

ネット古物商で稼ぐことができる人


ネット古物商は、やれば誰でも稼げます。
確実に稼げます。

がんばれば、独立することすらも可能です。


でも、矛盾することを言うようですが、稼げない人もいます。

どういうことかというと、”自分なりの稼げる方法を持っているかどうか”ということです。

つまり、方法を知っていればだれでも稼げます。知らなければなかなか簡単には稼げません。


その稼ぐ方法というのは難しいことではありません。

「”儲かる仕入れ”をし、”上手に売る”」

ということです。

「当たり前だ」と思われるかも知れませんが、つまるところこの二つしかないのです。


”儲かる仕入れ”は新品を扱うのでは、なかなか簡単にはいきません。
しかし、古物は利益率の高いものを簡単に仕入れることができます。

大切なのは、高い利益率を持つ商品を見出す眼力です。

いくら高い利益を出せる商品が目の前にあったとしても、それに気がつかなければそれを仕入れようとはしないはずです。

目利きができるかどうかがポイントなのですが、こればかりは経験を積むしかありません。
ただし、単に経験を積むだけでは、なかなか簡単に身に付くものでもありません。

相場をしっかりと研究し、自分で相場観を養っていかなければならないのです。

でも、相場感が身についてきて、儲かる商品が簡単に見つかるようになると、とても楽しいです。
そうなってしまえば、でかけるところ全てが仕入れの場になるからです。



高い利益を出せる商品を見つけたら、今度は高く売る技術が必要となります。

同じ商品をオークションで売るにしてもテクニックを知っているかいないかでは、その売上は大きく変わってきます。

このブログでも出品テクニックは色々とご紹介していますが、それ以外にも試行錯誤しながら、いろいろと身につけていく必要があります。



この二つを身につけることができれば、誰でも稼ぐことができます。
そして、この二つが身についてなければ、いくら古物許可証をとって、古物市場に行ったところで、稼ぐことはできません。

次でもう少し詳しくご説明します。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

ネット古物商の優位性


オークションと古物の相性が良いのは前述のとおりです。

今回は、ネット古物商の優位性について書いてみたいと思います。


1.参入が容易

ネットを使わない普通の古物商に参入しようと思っても、店舗を持つための資金の問題などがあり、そう簡単に参入できるものではありません。

しかし、ネット古物商は、オークションで出品することができ、古物商許可証があれば、誰でも簡単に参入できます。


2.自分のペースでできる

ネット古物商は、独立して専業でやる必要はありません。
副業でもできます。

仕入れさえできれば、出品は片手間で行うことができますので、会社勤めの傍らでできるわけです。
稼ぎたい額にあわせて自分で仕事量を調節してやればいいのです。

もちろん専業でやっている方もたくさんいます。

ある程度売上が上がってこれば、アルバイトを雇って、作業を任せてしまうという手もあります。
そうすれば仕入れに専念できるので売上も大きく伸ばすことができるわけです。


3.仕入れ先は無限

これはネット古物商に限ったことではないのですが、ネット古物商のほうが、仕入れ先はさらに多く持つことが可能です。
というのは、オークションにて仕入れをすることが可能だからです。

少しコツを覚える必要はありますが、オークションで仕入れたものを古物市場で売るという手段もあるわけです。

古物市場に限らず、トラックを走らせて不要品回収をしてもいいですしリサイクルショップを回って掘り出し物を見つけてもいいです。

ネット古物商の間で「裏古物商」と呼ばれる、古物市場よりもさらに利益のとれる仕入れ先もあります。

これについては、後ほど紹介したいと思います。


4.コストがかからない

通常、店舗を持った古物商の場合、店舗の維持費や土地代など、さまざまなコストがかかってきます。

しかしネット古物商は、オークションの出品料の10円が1品につきかかるだけです。

そのため、売上から仕入れ原価を引いた金額がほとんどそのまま利益になるわけです。

当たり前のことですが、ここは大きなポイントだと思います。
売れ残りさえ作らなければほとんどリスクが無いということですから。


5.即金性がある

オークションにおいてよく言われることですが、本当にすぐ現金になります。
出品して翌日には現金になるなんてことも珍しくはありません。
すぐに現金になるということは、多額の資本が必要ないということです。
参入しやすいというところにつながってきますが、非常に大きな利点です。

ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商を知ろう!編

【ネット古物商で稼ぐ方法!】古物市場の探し方


古物市場というのはとても閉鎖的なところで、なかなか表に情報が出てこないのは、前述のとおりです。


しかし、行ってみれば意外とすんなりと受け入れてくれるものですので、安心して行ってみましょう。


というわけで、探し方ですが、いろいろな方法があります。

一番手っ取り早い方法は、リサイクルショップの人に聞いてみることです。

ただ、教えてくれるかどうかはわかりませんが。
親切なショップなら教えてくれることもあります。

紹介者を確保し、紹介してもらうのは、通常探していくよりかなり行きやすいです。
ですから、一番お勧めの方法です。

しばらく店に通ってみて、店長さんあたりと仲良くなっておけば聞きやすくなると思います。


リサイクルショップ自体が市場を運営していることはとても多いです。電話帳で調べて、近くのショップに一通り行ってみてください。

まずは情報を自分の足で稼ぐ。
これがとても大切なことです。
いろんな店にいって、人脈を構築することが古物商にとっての成功への近道です。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(7) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

【ネット古物商で稼ぐ方法!】古物市場ってどんなところ?


古物市場について、もう少し触れておきたいと思います。


古物市場は、多くはリサイクルショップの方が店舗に併設した倉庫のようなところで開催されるところが多いです。


会員形式をとっているところが多く、会員登録をしないと入れない形になっています。

(会費さえ払えば登録は不要の場所もあります)

また、古物市場に出入りするには、古物商許可証が必要です。



商品を出品するのは、参加する古物商の方たちです。

つまり古物市場では、売ることも買う(仕入れる)こともできるというわけです。


自分の店で買い取った物や、車で回ったりして家庭で出る不用品を引き取ったりした物を持ち込んできます。


私のようなネット古物商も参加していて、そういった人たちも商品を出品することもあります。

なぜネット古物商が出品するのかということに関してはまた後に紹介することにします。



競り形式で商品を売っているのですが、要するに小さなオークションが開催されています。

慣れるまではなかなか参加できないのですが、慣れてくるとこの仕入れが楽しいのです♪


競りは符丁というものを使うところとそうでないところがあります。

独特の競り用語なのですが、金額の単位で使われます。

私の住む愛知の古物市場では、符丁は使われていません。

聞いた話では、符丁を使っているところでも、使わなくても競りには参加できるとのことでした。

他にもいろんな競り用語がありますが、それに関してもまた後にご紹介します。


開始値は、500円とか1000円とか、かなり適当な値段で始まります。

競りを仕切る競り主がいるのですが、その人が決めます。


『はいじゃあ、これは500から!』


ってな感じで始まるのですが、なぜかとても気合いが入っています(笑


参加者A『セン!(1000円)』

参加者B『イチゴー!(1500円)』

参加者C『ニセン!(2000円)』

競り主『他、誰かいない!?』

競り主『はいじゃあCさん、ニセン!』



ってな感じで、あっさりと一つの商品の競りが終わります。

あまりにも早いので、最初のうちは戸惑ってなかなか入札できません。

この調子で納入されたものすべてに対して競りが行われるわけです。

そして、最後にまとめて会計をします。

売り手は、市場主に手数料を払うところが多いです。


古物市場というのはだいたいこんな感じで営まれています。

閉鎖的なイメージがある古物市場ですが、行ってみれば意外とすんなりと受け入れてくれますので、心配しなくても大丈夫です。








ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

【ネット古物商で稼ぐ方法!】古物仕入れ(古物市場)


古物仕入れは、古物市場というところで行うことができます。


古物市場では、他の市と同じように、競り形式で行われています。
一般的にはなじみがないと思われるこの古物市場は、古物商許可証がないと入れない場所です

古物市場には様々な種類があり、それぞれ専門の市場があります。
古本の市場、服の市場、骨董の市場、電化製品の市場などなどです。


相場は、全般的に安いので、ヤフオクに転売すれば利益が出せるものが多くあります。

ただし、ある程度相場勘を持っていないと、仕入れはできません。
全てが全て相場より高いわけでもないので、慣れている人でも失敗することもあります。

自分の得意分野を持って、相場を研究することがとても重要です。

次のページでは、古物市場でどんな競りが行われているかを紹介します。





ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット古物商で稼ぐ方法!編

オークファン


オークファンがリニューアルされました。

http://aucfan.com/

ただでさえ、無料なのにこんなに便利なサイトが、さらに便利になっています。


これまでずっと落札相場を見るだけに使っていたのですが、とても便利な機能がついていますので、ご紹介します。


『かんたん入札予約ツール』

以前ここで紹介していたスナイプツールでできるような、終了直前入札がこのオークファンでもできるようになりました。


会員登録が必要となりますが、無料ですので、登録して損はないです。


オークファンでほしい商品を開催中で検索すると、それぞれの商品に「入札予約をする」というボタンがありますので、それを押すと、入札予約ができます。


今ではほとんどのオークションで、自動延長が設定されていますので、あまり使用価値は無いように思いますが、決してそうでもありません。

できるだけ直前で入札したほうが、安く落札できるというのは、変えようがない事実です。


これをうまく使って、自分が狙う商品に片っ端から予約していきます。ただし、予約するにしても過去の落札履歴を見て、最安値で予約するわけです。


たくさん落札できちゃったらどうするの?

という疑問があるでしょうが、そのときは、オークションに出品してやればいいのです。

なにしろ最安値で落札してるわけですので、ほぼ必ずその値段以上で落札されるというわけです。


というわけで、欲しいものを安く手に入れることができるというだけでなく、さらに差額を稼いで、お小遣いの足しにできるのですから、一石二鳥です。


まあ、世の中そう甘くないもので、そんなに簡単に最安値で落札できるわけではありませんが。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | オークション役立ち情報編

質問への回答は重要


Yahoo!質問箱で興味をひく質問を見つけました。

『オークションで、急ぎではないけど、購入したいものを見つけました。
商品の状態も良く値段もまあまあだったんで、出品者さんに、商品について2、3質問したら、その返答の文面がそっけなくて・・・

実物を見れないし、返品もきかないから、質問するのはしょうがないと思います。
購入後の、その方とのやり取りのことを考えたら、なんか嫌で、購入しませんでした。
まぁ急ぎではなかったんで、また同じものを探そうとは思ってますが・・・。
皆さんなら、商品自体を気にいったら購入しますか??』


という内容です。

それにたいしての、ベストアンサーが、

『その品物が近々出品されるであろうと思うときには入札しません。
そっけないというのは程度によりますが、質問に丁寧に答えられない人って品物自体も適当に扱っている人な気がしてしまって。
中にはただ文章が下手な人もいるかもですが。

あと出品写真の背景の部屋の様子が恐ろしく汚い人(カップラーメンやペットボトルのごみが散らかっている)は同じ理由で入札しません。』

ということでした。


回答されている方の言うことはまさにそのとおりだと思いました。

品物を丁寧に扱っていないということもそうですが、取引自体も適当にされそうな気がすると思います。

質問が来るということは、その商品に興味を持ってもらっていると言うことであり、言ってみれば見込み客なわけですので、ここで適当な応対をしてしまうことほどもったいないことは無いと思います。

質問の入るような商品は必ずといっていいほど入札がはいります。

少しでも競ってくれる人を増やすためにもできる限り丁寧に質問に答えることが大切だと思います。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

配送の基本その2 普通郵便(定形外郵便)




オークションを始める前までは、物を送るということをほとんどしたことがなく、送ることがあるにしても、コンビニから宅急便でというのが当たり前だと思っていたため、普通郵便という最もポピュラーな方法があることを知りませんでした。


オークションを始めてから発送方法を色々調べていくと、定形外郵便というものがあり、「こんな安い発送方法があったのか〜」と知ったわけですが、いざ郵便局まで行って『定形外郵便で』と言ったのですが、『普通郵便ですね』と切り返されました。


要するに定形外郵便って、普通郵便ことだったのか!と、その時初めて知ったわけです。

でも民営化されてからは「普通郵便で」というと「定型外ですね」と切り返されますが・・・。


定形外郵便の長所は、ある程度の軽い物であれば、最も安いということですが、短所は届くまでの時間が多少かかるというところと、補償が無いということです。


これまでは補償なんて無くても、別に事故なんてよっぽど無いしいいだろ〜と思ってたのですが、つい先日ついにその郵便事故にあってしまいました。


通常通り発送したのですが、5日ほどして落札者の方から届いていませんという連絡が来ました。


とりあえず発送したところに確認して、ちゃんと発送したということを確認したのですが、それでも届いていませんでした。


定形外郵便の場合、荷物追跡もできないので、それであればいかんともしがたいようで、泣き寝入りとなってしまいました。


私の場合、基本をYahoo!ゆうパックで設定していて、『値段が安い定形外もありますが、補償がありませんので、ご了承ください』


としてあったので、心苦しくも落札者様にご負担頂きました。

定形外を使用する場合、この一文は必ず入れておくことをお勧めします。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(1) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

梱包材


私は、アパレル衣料の取り扱いが多いので、ビニール袋と紙袋を大量に用意していました。

まず商品をビニール袋で包み、そしてそれを紙袋に入れて発送するのですが、Tシャツなどかさ張らないものはA4とかA3の封筒に入れています。

封筒なら安く入手できるので、お勧めです。


ただ、紙袋が結構高くて、あんまり在庫を持ちたくないものですから、在庫を切らしてしまい、仕方なしに、写真を撮るときの背景用で購入してあった色付の大きな紙で包装して発送しました。

そうしたところ、『丁寧な梱包で良かった』というような評価を戴きました。


この紙なら、紙袋よりはるかに安くつくのに、見た目はそちらのほうが評判良かったようです。


というわけで、アウターなどの封筒に入らない大きめなものは、大きな紙で包装して出すようにしています。


多少面倒になりますが、安上がりですし、丁寧な印象を与えてくれるので、お勧めですよ。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(0) | TrackBack(0) | まずは出品の基本を知ろう!編

キャンセルの場合の落札手数料はどうなるの?


ヤフオクの落札手数料は5%とネットオークションの中では最も高い料率となっています。


集客力からすると、それでもヤフオクを使うメリットが大きいので、この料率も仕方ないのですが、そのうちまたあがらないかちょっと心配だったりします。


さて、そんな落札手数料、相手がキャンセルして、代金をもらっていなくても払わなければならないの?

という質問をいただきました。


答えは、

”もちろん払わなければなりません。”

なのですが、落札者を削除して、落札者がいない状態になれば、払わなくてよくなります。


そこで、二つほど注意することがあります。


一つは、落札者を削除する場合、落札者都合で削除すると、落札者に自動的に”悪い”の評価がついてしまいます。

ですので、削除する前に落札者に念のため確認しておきましょう。

連絡が遅れたというだけで削除されて、怒ってしまう落札者も結構います。


もう一つは、

”手数料の締め日を過ぎる前に削除する”

ということです。

締め日は20日ですので、極端な話、19日に終了したオークションでキャンセルの連絡が21日に来た場合、もうどうしようもないんです。


結構泣き寝入りしなければならない場合、多そうです。
ブログランキング参加中!
記事が役に立ったら押してね☆
⇒ ⇒ ⇒
オークション関連ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ


オークションで稼ぐネット古物商のブログTOP

posted by ネット古物商たけし | Comment(2) | TrackBack(0) | オークション役立ち情報編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。